大規模崩土の国道「新ルート建設」で復旧へ!? 長大トンネルで被災現場をショートカット! 完成まで約5年 奈良~新宮つなぐ国道169号

奈良県の国道169号が、土砂崩れで半年以上通行止めになっています。2024年6月27日、復旧方法について、一般的な現場復旧を断念し、新しくトンネルを掘ることを決定しました。

深層崩壊の危険 大きく迂回せざるを得ず

 国土交通省 奈良国道事務所は2024年6月27日、土砂崩れで半年以上通行止めになっている下北山村の国道169号について、一般的な現場復旧を断念し、新しくトンネルを掘ることを決定しました。

大規模な崩土を受けた奈良県の国道169号
大規模な崩土を受けた奈良県の国道169号

 国道169号は奈良県奈良市から南下し、吉野町、三重県熊野市を経て、和歌山県新宮市に至ります。

 奈良盆地を抜けると延々と山岳区間が続き、深い谷間にへばりついてクネクネとカーブが連続するルートになります。

 その国道169号は、三重県境にほど近い池原ダム湖付近の下北山村上池原で、2023年12月23日に大規模な土砂崩れが発生。車2台が巻き込まれ、2名の死傷者が出ました。以来、一般車は全面通行止めとなっています。

 地質調査などの結果、山腹がまるごと崩壊する「深層崩壊」の可能性もあるとして、根本的な対策の検討が進められてきました。

 その検討の結果、工事の難易度や工期、コストなどを勘案して選ばれたのが、「被災箇所を含む周辺部をまるごとショートカットするトンネルの建設」となりました。

 別線トンネルは、前鬼橋から上池原交差点を直線で結ぶ、総延長約2.7kmのトンネルとなります。ルートは、深層崩壊が起きた場合でも、想定すべり線から130m以上が確保されるように計画されています。

 工期は約4~5年。工費は約180億円と試算されています。

【画像】えっ…!? これが壮大な「新ルート復旧」の計画イメージです(10枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 岩手・宮城内陸地震では栗原市で大規模な土砂災害がダム湖周辺で起きてます。 長期的に考えるならダム湖周辺を避けるルート選択は賢明だと思います。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー