ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎる”ボンネット」仕様も設定!? 精悍ブラックがカッコイイ「N-VAN e:」の“イメチェンアイテム”とは

ホンダの新型軽商用EV「N-VAN e:(エヌバンイー)」に用意される純正アクセサリーには、エクステリアの雰囲気をがらっと変えられるアイテムもラインナップされています。

黒コーデで精悍さアップ

 ホンダは2024年10月に新型軽商用EV「N-VAN e:(エヌバンイー)」を発売します。
 
 発売とともに純正アクセサリーもラインナップされ、機能的なアイテムだけでなく、クルマの雰囲気を大きく変えるものも展開されます。

ホンダの「新型軽バン」をイメチェン!
ホンダの「新型軽バン」をイメチェン!

 新型N-VAN e:は、2018年に登場した軽商用バン「N-VAN」をベースにしたEVバンです。

 N-VANがもつ低床フラットな室内、床下格納の助手席、左側センターピラーレス構造などがもたらす広い室内空間はそのままに、EVとしての環境性能や静粛性を実現しました。

 航続距離も配送業務にも十分対応する容量を確保するとともに、高性能なターボエンジン搭載のN-VANと同レベルの走行性能を実現。外部給電機能も設定し、災害時などではバッテリーとして活用することも可能です。

 先進機能では、衝突被害軽減ブレーキやリアパーキングセンサー、前席SRSサイドエアバッグを全車で採用し、安全性能を向上。上級モデルには「ホンダ センシング」を標準装備しています。

 ラインナップは、「e:L4」「e:FUN」「e:L2」「e:G」の4グレードが用意され、価格(消費税込み)は243万9800円から291万9400円。事業者用補助金(LEVO補助金)が適用される場合、全グレードで200万円を切る価格となります。

 そんなN-VAN e:に対し、純正アクセサリーが多数ラインナップされ、エクステリアをカスタムする多数のアイテムも用意されます。

 フロントに装着するものでは、フロントグリル上部に貼付する車名エンブレム「フードエンブレム」、フロントフード(ボンネット)全体をマットブラックにラッピングする「フードラッピング」を設定。

 フードラッピングではホンダ車のリサイクルバンパーに由来する無塗装樹脂のグリルと相まって、タフなブラックにコーディネートされたフロントフェイスになります。

 また、「ブラックエンブレム」やつや消しブラックの「ドアミラーカバー」、「リアライセンスガーニッシュ」も用意されており、全身にわたって「黒コーデ」でイメージチェンジを図ることが可能。

 このほか、ボディサイド下部に貼付する「デカール」は、山並みのようなグラフィックとスポーティなストライプ風デザインの2タイプがあり、どちらを選んでもボディに大きなアクセントを与えます。

 さらに、ナビやドライブレコーダーに加え、充給電に便利なケーブルやラゲッジスペースを拡張できるバーやボードも展開。

 これらのアイテムを組み合わせることで、シンプルで実用的な軽商用バンから、自分らしい仕様へとカスタムすることができます。

【画像】超カッコイイ! これが「黒すぎ顔の軽バン」です! 画像で見る(94枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー