200万円台! スズキ“新型ミニバン”「クルーズ」実車展示! 全長4.4m級ボディ×MT設定あり! 精悍エアロが超カッコイイ「エルティガH」インドネシアで登場

スズキのインドネシア法人は、インドネシア最大級の祭典「ジャカルタ・フェア2024」に出展し、新型「エルティガ ハイブリッド クルーズ」を展示しています。どのようなモデルなのでしょうか。

スズキの人気ミニバン「エルティガ」とは?

 スズキのインドネシア法人は、ジャカルタで2024年6月12日から7月14日まで開催されているインドネシア最大級の祭典「ジャカルタ・フェア2024」に出展し、同年5月に発売した7人乗りMPV(マルチパーパスビークル、いわゆるミニバン)の新型「エルティガ ハイブリッド クルーズ」を展示しています。

精悍エアロが超カッコイイ!
精悍エアロが超カッコイイ!

 スズキによると、インドネシアの自動車市場は約3割が多目的に使えるMPVで占められているといいます。大家族が多いこともあり、3列シート車を求めるユーザーは多いようです。

 もちろんコスパも重要視されています。そんなニーズに応えるかたちで、現地で生産されている代表格的モデルがスズキの「エルティガ」です。

 現行モデルは、2018年にフルモデルチェンジを受けた2代目にあたります。

 ボディサイズは全長4395mm×全幅1735mm×全高1690mm、ホイールベースは2740mm。シート配置は2-3-2の7人乗りです。

 パワートレインは1.5リッターガソリンエンジンまたは、そのエンジンにISG(モーター機能付発電機)とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドの2種類が用意されています。

 今回展示されたエルティガ ハイブリッド クルーズは、マイルドハイブリッドを搭載するエルティガ ハイブリッドを、エアロパーツなどでスポーティに飾り立てたモデル。

 標準仕様に対して専用アイテムは、フロントバンパーガーニッシュ、フロントスポイラー、リアアンダースポイラー、リアアッパースポイラー、デュアルトーンアルミホイール。またボディカラーがパールホワイトの場合、ピラーやルーフが黒塗りとなるツートーン仕上げとなります。

 エルティガ ハイブリッド クルーズの価格はMT車が3億100万ルピア(約290万円)、AT車が3億1300万ルピア(約300万円)、ツートーンカラーは1750万円ルピア(約17万円)高となっています。

【画像】超カッコイイ! スズキ新型「クルーズ」を画像で見る(30枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. テールライトのデザインがまんまCR-V

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー