ニッサン新型「大型バン」登場! もはや「エルグランド」!? 斬新「堂々」マスクが超カッコイイ新型「インタースター」ドイツで発売 570万円から

2024年6月13日、日産のドイツ法人は大型商用バンの新型「インタースター」の価格を発表するとともに、予約受付を始めました。

威風堂々! 高級ミニバン並みの迫力に圧倒される新型「インタースター」

 日産のドイツ法人は2024年6月13日、商用車(LCV=ライト・コマーシャル・ビークル)のニューモデル、新型「インタースター」の価格を発表するとともに、予約受付を始めました。

めちゃカッコいい! 日産 新型「大型バン」とは
めちゃカッコいい! 日産 新型「大型バン」とは

 インタースターは、日産が欧州向けに展開するLCVシリーズ最大クラス(車両総重量4トンクラス)のモデル。全長は5776mmまたは6406mm、全幅(ドアミラー含む)は2466mm、全高は2503mmまたは2756mm。荷室容量は10.8~14.8立方mとなっています。

 新型が発表されたのは今年の初めです。およそ半年が経っても市場にまだ出回っていませんが、それでも話題になるのは主に2つの理由があるようです。

 まず日産の大型LCV初となるBEV(バッテリー式電気自動車)「インタースターe」の存在です。

 インタースターeは主に市街地でのルート走行を想定して開発されており、業務の特性に応じてバッテリー容量の異なる仕様(87kWh、40kWh)を選ぶことができます。

 87kWhバッテリー搭載モデルの一充電走行距離は460km。30分で走行距離252km分の充電に対応する急速充電機能を備えています。

 2つ目の理由は、フロントマスクのデザインです。

 左右にメッキのガーニッシュを備えた水平基調のフロントグリルを採用。巨大なボディを引き立てるような顔つきで、威風堂々とした雰囲気を醸し出しています。

 商用車としての機能に直接関係ありませんが、それでも「存在感抜群」「新型エルグランドにも採用してほしい」といった声がSNSなどであがっています。

 日産のLCVシリーズにはインタースターのほか、小型の「タウンスター」、中型の「プリマスター」があり、それら3モデル合わせたドイツ国内での年間販売台数(2023年)は6000台程度。それほど売れているわけではありませんが、新型インタースターの導入を機に販売増につなげたいと同社は考えています。

 新型インタースターはBEVに加えて、ディーゼルエンジン車もあります。価格は3万3550ユーロ(約570万円)から。デリバリー開始は2024年秋を予定しています。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「新型“大型”バン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー