東京モーターショー ダイハツブース 温故知新な? ワールドプレミアとは

「東京モーターショー2017」のダイハツブースは、ワールドプレミア4台含む16台もの展示車両がズラリ。プレスカンファレンスには6月に就任したばかりの奥平社長が登壇しました。

ワールドプレミア4台、注目は…?

2017年10月25日より開幕した「東京モーターショー2017」において、ダイハツ工業は「Light you up ~らしく、ともに、軽やかに~」を出展テーマに、小さなボディに工夫を詰め込んだ軽自動車・コンパクトカーを、市販車含めて16台展示しました。

「DN COMPAGNO」と「コンパーノ」(画像:下高井戸ユキ提供)。

 面積自体も広いですが、この台数が並んでもブースに余裕を感じるのは、ダイハツ車のサイズ感の利点でしょう。コミュニケーターさんたちの身長も親しみやすい方が多くて、緊張しないですみます。

ダイハツブースは西1ホール。
世界初公開、「DN TREC」。
世界初公開、「DN U-SPACE」。

 ワールドプレミアは、商用EVモデルの「DN PRO CARGO(ディーエヌ・プロカーゴ)」、コンパクト4ドアクーペの「DN COMPAGNO(ディーエヌ・コンパーノ)」、ママに優しいモアスペース系軽自動車「DN U-SPACE(ディーエヌ・ユースペース)」、コンパクトSUVである「DN TREC(ディーエヌ・トレック)」の4台。2017年3月に創立110周年を祝ったダイハツ、これを意識してのことでしょうか、「DN PRO CARGO」には「ミゼット」、「DN COMPAGNO」の横には1963(昭和38)年発売の「コンパーノ」といったヘリテージカーが一緒に展示されていました。

この記事の画像をもっと見る(12枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事