トヨタ新型「ハイラックス」発表! “顔面刷新”に大反響! アドベンチャー仕様も「イイ」と評判の「本格トラック」越に登場

トヨタモーターベトナム(TMV)は2024年5月14日、ピックアップトラック「ハイラックス」の改良モデルを同市場で発表しました。同モデルに対し様々な反響が集まっています。

顔面刷新の新型「ハイラックス」に反響アリ

 ベトナムでトヨタの車両生産・販売を手がけるトヨタモーターベトナム(TMV)は2024年5月14日、ピックアップトラック「ハイラックス」の改良モデルを同市場で発売したと発表しました。

 同モデルに対し、様々な反響が集まっています。

顔が変わった! 新型「ハイラックス」
顔が変わった! 新型「ハイラックス」

 ハイラックスは1968年に初代が登場したミドルサイズのピックアップトラック。堅牢なラダーフレームや四輪駆動システムにより、優れた悪路走破性と信頼性を両立し、世界各国で高い評価を得ています。

 現行モデルは2015年に発表された8代目。日本市場にも約13年ぶりに再導入され、人気を博しています。

 ベトナムでは2009年にタイから輸入するかたちで販売が始まり、現在、最大出力148ps・最大トルク400Nm の2.4リッター、または最高出力201ps・最大トルク500Nm の2.8リッターの各ディーゼルエンジン車2タイプをラインナップ。

 4WDシステムはパートタイム式で、2.4リッター車には2WDモデルも用意。ボディタイプはいずれもダブルキャブ(4ドア)です。

 中でも、2.8リッター車は内外装でも差別化を実施。素地のバンパーガードやオーバーフェンダーなどが装備された「アドベンチャー」仕様となっており、ダイナミックな存在感を高めたデザインとなっています。

 今回の主な改良点は、まず2.4リッター車を対象としたフェイスリフト。フロントグリルをハニカム状とするなどで力強さを表現。

 インテリアでは2.4リッター車、2.8リッター車ともに9インチインフォテインメントタッチスクリーンを設定したほか、2.8リッター車には2ゾーン独立調整エアコン、360度カメラ、死角警報システムを装備するなどし、快適性と安全性の向上が図られています。

 価格は2.4リッター車が6億6800万ドン(約405万円)から、2.8リッター車(アドベンチャー仕様)が9億9900万ドン(約605万円)となっています。

 そんな新たなハイラックスの発表に対し、ユーザーからは早くも多くの反響が寄せられています。

「このデザインは本当に素晴らしい。街中でも自然の中でも映える車だと思います」と新デザインについて言及するユーザも。

「アドベンチャー仕様がイイ、これでキャンプや釣りなど、より多くのアクティビティに対応できそう」「アドベンチャー仕様が特に気に入りました。これでどこへでも行ける気がします」など、アドベンチャー仕様に対して人気が集まっている様子も見られます。

 多くのユーザーは新型ハイラックスのデザインと性能に称賛の声を上げています。一方で、一部、価格や燃費、サイズ感などに関しては現地でも改善を求める声もあり、これらのフィードバックにどのように対応するかが今後の注目ポイントです。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「ハイラックス」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー