全長4.1mで「MTあり」! スズキ新型「コンパクトSUV」発表に反響多数!?「いいね」「次は欲しい」デザイン変更で精悍顔の「ビターラ」伊に登場

スズキのイタリア法人が2024年5月30日、コンパクトSUV「ビターラ ハイブリッド」の改良型を同市場で発表・発売。ネット上でも反響が集まっています。

”エスクード”復活を期待する声も

 スズキのイタリア法人が2024年5月30日、改良型「ビターラ ハイブリッド」を発表・発売し、反響が集まっています。
 
 いったいどのようなクルマなのでしょうか。またどのような声が上がっているのでしょうか。

スズキ新型「ビターラ ハイブリッド」
スズキ新型「ビターラ ハイブリッド」

 コンパクトSUV「ビターラ」は、スズキの海外展開車のひとつで、かつて日本でも「エスクード」という車名で展開されていましたが、2021年に販売終了となっています。

 ボディサイズは全長4185mm×全幅1775mm×全高1600mm。

 今回の改良では、フロントデザインが大きく変化。グリルとバンパー周辺が形状変更され、さらに黒を基調としたことで力強さが強調されています。ライトユニット~グリル周辺は縦2段構造のデザインになり、ワイド感が増しています。

 スッキリとした印象なのは、バンパー装着のフォグランプが廃止されたのもあるでしょう。ヘッドライトのフルLED化でそれが実現しました。

 インテリアでは、インフォテインメントディスプレイのサイズが7インチから9インチに拡大され、利便性が向上。また3グレードあるうちの最上級グレードはマテリアル変更によって高級感が向上しました。

 パワーユニットは従来同様、1.4リッターマイルドハイブリッド、もしくは1.5リッターハイブリッドの2タイプを展開。組み合わされるギアボックスはそれぞれ6速MT、6速AGS(オートギアシフト)です。駆動系も、FWDと4WDの2種類が設定されます。

 ボディカラーは、2種類の新色「オスログレーメタリック」と「カプリブルー×ドバイブラックメタリック」が追加され、モノトーン5色、ツートーン5色の計10色が展開されます。

 販売価格は2万5900ユーロ(約439万円)から。

※ ※ ※

 この新型「ビターラ」に対し、ネット上では「いいね」「おっスズキいい仕事したね」「個性的だけど洗練されてる」「なんだかんだで前より良くなってる」「次のクルマはビターラが欲しい」など期待のコメントが上がっています。

「もう日本では売らないのか」「というかそもそも復活してくれエスクード」「いつか別の形で復活することは無いのかな」など、日本での展開を期待する声も多く見られました。

【画像】超カッコイイ!? スズキ新型「コンパクトSUV」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー