都心~川越直結「和光富士見バイパス」早く全通させて!埼玉県が国へ”直訴” 川越街道の「地獄渋滞」もうウンザリ!? 予算確保に”協力要望”

国道254号川越街道の新ルートとして整備中の「和光富士見バイパス」を早期完成させるため、埼玉県が2024年6月13日、国土交通大臣に対し、安定的な予算確保を要望しました。

都心~川越「大渋滞」川越街道のバイパス早期完成を

 埼玉県は2024年6月13日、国土交通大臣に対し、県内の社会インフラの整備予算を確保するよう、要望を行いました。
 
 そのなかで、都心付近のバイパス機能を担う「和光富士見バイパス」の整備も含まれています。完成すればどう便利になるのでしょうか。

渋滞する川越街道(画像:埼玉県)
渋滞する川越街道(画像:埼玉県)

 和光富士見バイパスは、旧態依然とした国道254号(川越街道)のバイパス機能として、外環道の荒川南岸の和光市内から、国道463号浦和所沢バイパスまでをむすびます。そのまま延長線上として「富士見川越バイパス」が川越市内まで抜けていきます。

 完成すれば、外環道から川越市内まで、今まで狭い4車線の川越街道に交通集中していたのが、高規格のバイパスだけで「ほぼ信号ゼロ」で直通できるようになります。

 気になる進捗ですが、全長6.9kmのうち、外環道からは約2.6kmが開通(2010年)、浦和所沢BPからは約1.4kmが2023年に開通したばかりです。あいだの残り4割は、用地取得率は95%に達しているものの、まだまだ本格着工に至っていません。

 埼玉県は残りの区間について、昨年9月議会の答弁で「今後も、残る用地の取得に努めるとともに、工事につきましては軟弱地盤対策を先行して行い、完了した箇所から順次整備を進めてまいります」としています。

 それとともに今回の埼玉県の要望では「重要物流道路に指定された国道254号和光富士見バイパスの整備」と名指ししており、「個別補助事業として重点的な支援をすること」と強い期待をにじませています。

※ ※ ※

 ところで、和光富士見バイパスは、外環道からさらに都心側へ延伸事業が進行中です。

「和光バイパス」と呼ばれるこの区間は2021年に事業着手。西高島平の新大宮バイパスへ直結する約2.4kmのルートです。まずは1期区間として、笹目通りが成増・井荻方面へ南下しはじめる部分へ、直結を目指しています。

 完成すれば、整備中の「要町通り」延伸と合わせ、池袋駅~平和台~新大宮バイパス~川越市街というルートが誕生することとなります。さらに、国道17号(中山道)からも直結し、北区・板橋区からも川越方面へスムーズに移動できるようになります。

 こちらは、土地区画整理事業と一体的におこなわれており、測量や道路設計が進められているところです。

【画像】超便利!? これが「和光富士見バイパス」ルートと整備状況です(18枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー