エンジン車が電動車に生まれ変わる!? シェフラーが“人テク”で展示した「Eビーム・アクスル」に注目

クルマに関する最新技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMA」が、2024年5月22日~24日、横浜市のパシフィコ横浜で開催されました。世界中のクルマの最新技術が集結する会場で見つけた「シェフラー」の最新技術を紹介します。

「Eビーム・アクスル」搭載の電動化トラック 近い将来登場!?

 クルマに関する最新技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMA」が、2024年5月22日~24日、横浜市のパシフィコ横浜で開催されました。世界中のクルマの最新技術が集結する会場で見つけた「シェフラー」の最新技術を紹介します。

Eビーム・アクスル(ドライブ・モーション)
Eビーム・アクスル(ドライブ・モーション)

 シェフラーは、ベアリングメーカーとして創業したドイツの企業です。現在は自動車や飛行機、鉄道などのさまざまな工業製品向けのベアリングに加え、その技術を生かした多彩な関連製品を開発製造しています。

 自動車分野では、エンジンやトランスミッション、シャシーシステムに加え、電動車向けの製品も提供しています。一例としてエンジンを挙げると、可変およびスタンダードバルブトレイン、チェーンおよびベルト方式のカム駆動システム、補機ドライブシステムなど、エンジン内部の動的箇所のパーツとして幅広く活躍しています。

 重量感のある「Eビーム・アクスル」は、ピックアップトラックおよび商用トラック向けの電動リジッドアクスルです。後輪の駆動を担う電動ユニットで、車軸と一体化されています。そのため、既存のエンジン車のリジットアクスルと載せ替えることで、電動車に生まれ変わらせることもできるのが大きな特徴です。

 車両重量が8tほどの車両まで対応できる設計で、本体の中央部に220kW出力のモーターを内蔵しています。大きなバッテリーを搭載すれば、電動トラックに早変わりしますが、技術者によれば、ハイブリッドカーに活用するのが理想的ではないかとのこと。荷物積載やエネルギー効率を考えると、大きなバッテリーは、トラックとしての機能をスポイルすることになります。

 そこでフロントのエンジンを生かし、ジェネレーターと組み合わせることで、発電エンジンとして活用。そうすれば、EVと比べると、駆動用バッテリーのサイズを抑えることができ、価格面でも有利となります。現在、自動車メーカーでのテストも行われているそうで、近い将来、このEビーム・アクスルを搭載した電動化トラックが登場する予定とのことでした。

完全自動運転を想定したステアリングシステムも

 そのほかでは、将来の自動車向けのステアリングシステム「ハンドホイールアクチュエータ – プラットフォームアプローチ」などが展示されました。同製品は、ステアバイワイヤとなるのが特徴です。

ハンドホイールアクチュエータ - プラットフォームアプローチ
ハンドホイールアクチュエータ – プラットフォームアプローチ

 通常のクルマでは、ステアリングとタイヤが機械的に接続されていますが、同システムでは、ステアリングとタイヤの向きを変えるギアボックスがつながっていません。その代わりに、ステアリングの舵(だ)角を電子信号化し、その作動量分についてモーターでギアボックスを動かし、タイヤの向きを変えるという仕組みです。

 これによりステアリングユニットが小型軽量化できるのはもちろんのこと、しっかりとしたステアリングフィールを実現すべく、ユニットの剛性もしっかりと確保されています。また完全自動運転を想定し、ステアリングをダッシュボードに格納できる仕組みが盛り込まれているのも先進的なところです。

 ステアバイワイヤのシステムは、電動化や自動化との相性が良いため、次世代のステアリングシステムとして大きく期待されています。日本では現在、法的に完全に結合を持たないステアバイワイヤのクルマを販売できませんが、自動車メーカーでの搭載車の開発も進んでいるため、解禁は時間の問題と言われています。

 自動車用消耗部品の供給も行っているシェフラーらしい商品もありました。それが、トランスミッションのDCT(デュアル クラッチ トランスミッション)用の乾式デュアルクラッチ交換用ツールです。

 DCTには、クラッチ部にオイルで満たされた湿式とオイルレスの乾式が存在します。出力の小さなエンジン向けでは、構造のシンプル化と伝達効率の良さから乾式が使われるケースが多いのですが、走行や使用環境によりクラッチの交換が必要となることがあります。その交換に必要なツール一式をそろえたものが同製品です。

 一般ユーザー向けではなく、整備工場向けの製品ではありますが、DCT用の乾式クラッチの供給を行うシェフラーでは、ユーザーの愛車の修理費の低減にも有益なため、今後、同ツールを普及させたいとのことでした。

【画像】シェフラーの次世代電動化トラック向けステアリングシステムなどを見る(17枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 大音安弘(自動車ライター)

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者へ。その後、フリーランスになり、現在は自動車雑誌やウェブを中心に活動中。主な活動媒体に『ナビカーズ』『オートカーデジタル』『オープナーズ』『日経トレンディネット』など。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 相変わらず内容に不足が多く歯切れの悪い記事だが、総重量8トンってことは中型2軸車がターゲットと思うが、ハブをよく見ると10スタッドでディスクブレーキだ。トラック専門じゃないから気が付かなかったようだが、大型4軸低床も視界に入ってるのではないかな。

  2. ん?車両重量8ton?一般的な大型?イマイチ読み取れない記事ダナ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー