日産が新型「“超オシャレ”軽スーパーハイトワゴン」初公開! 大胆「ピンク色」新設定の「ルークス」約164万円から

日産は2024年6月10日、軽スーパーハイトワゴン「ルークス」を一部仕様変更し、同日より発売します。鮮やかな新ボディカラーの設定が注目されます。

「ワクワクする」ボディカラーを新設定

 2024年6月10日、日産は軽スーパーハイトワゴン「ルークス」を一部仕様変更し、同日より発売すると発表しました。
 
 同社の軽人気を支える主要モデルですが、どこが改良されたのでしょうか。

鮮烈ピンクがまぶしい! 日産の新型軽スーパーハイトワゴン「ルークス」が登場
鮮烈ピンクがまぶしい! 日産の新型軽スーパーハイトワゴン「ルークス」が登場

 ルークスは、初代モデルが2009年に誕生しました。

 背の高い車体を生かした広い後席空間、後席両側スライドドアなどによる実用性の高さが特徴で、ファミリーユーザーを中心に支持を集めています。

 2014年登場の2代目(車名は「デイズルークス」に変更)から三菱自動車工業(以下、三菱)との合弁会社NMKVにより企画開発され、三菱の工場で製造されています。

 現行型は2020年に登場した3代目。フルモデルチェンジを機に、再びルークスの車名へ戻されました。

 運転支援技術「プロパイロット」などの先進安全機能を充実させるとともに、走行性能や実用燃費、使い勝手などを向上させています。

 2023年6月には高級感を高めた内外装のデザイン変更や、進化した安全機能などを追加するマイナーチェンジを実施するなど、デビュー後も進化を重ねています。

 そして今回の一部改良では、最新の法規適合による仕様変更を実施するほか、ボディカラーのラインナップを変更しました。

 なかでも、2025年春ごろまでの期間限定として採用した、ホワイトパールとの2トーンカラーで選択可能な新色「バブルガムピンク」が注目されます。

 日産はこのバブルガムピンクについて「よりお客さまにワクワクしながらボディカラーを選んでいただけるよう、ポップで活き活きとした印象を与える、鮮やかな新色」だと説明します。

 このほかにも「シルキーライラック」と「カンジュクカシス/ホワイトパール(2トーン)」も新たに設定されます。

 一部改良を施した新型ルークスの販売価格(消費税込み)は、163万7900円から231万6600円までです。

※ ※ ※

 なお日産の関連会社である日産モータースポーツ&カスタマイズでは、ルークスのカスタムモデル「ルークス ハイウェイスター アーバンクロム」と、福祉車両「ライフケアビークル」シリーズについて、ベース車同様の改良を実施します。

 またルークス ハイウェイスター アーバンクロムには、専用2トーンカラー「カンジュクカシス/ブラック」を新たに設定しました。

【画像】めちゃカッコいい! 日産 新型「軽スーパーハイトワゴン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー