ポルシェの「タマゴ型“ミニバン”」!? 運転席は“真ん中”で3ドア仕様! “ファミリーカー”とは言い難い「レンディエンスト」に反響集まる

ドイツの老舗スポーツカーメーカーとして知られるポルシェ。軽量でキビキビ動くスポーツカーを手掛けるイメージがありますが、2018年にはミニバンスタイルのコンセプトモデルを生み出しています。その特徴とユーザーの反応を見てみましょう。

「ポルシェのミニバン」に反響集まる

 ポルシェといえば、ドイツの歴史あるスポーツカーメーカー。そんなポルシェですが、2018年にはミニバンスタイルのコンセプトモデルを生み出しています。

 その名は「レンディエンスト」。もはやファミリー向けとは思えない同車に様々な反響が集まっています。

ナニコレ!? ポルシェのミニバン「レディエンスト」
ナニコレ!? ポルシェのミニバン「レディエンスト」

 2000年代以降は、セダンの「パナメーラ」やSUVの「カイエン」「マカン」なども生み出しているポルシェですが、レンディエンストは、前述の通りミニバンです。

 エクステリアは、モノフォルムな、いわゆる“卵型”のシルエット。しかしフロントグリルからルーフに向かって緩く持ち上がるウィンドウ、張り出したフェンダー、大型ホイールなどがスポーティな印象を高めています。

 さらに、ルーフの後方部分にはスポイラーも設置されており、ミニバンとは思えない設定に。また、昨今のポルシェ車に通じるLEDヘッドライトや横一文字のテールランプを備えています。

 ドアは前後にスライドして大きく開きます。センターピラーレスなので、快適な乗り降りが可能です。

 客室は全3列で最大6人が乗車可。中でも特徴的なのが運転席。センター配置のシングルシートになっていて、しっかりと運転を楽しめそうです。

 2列目には独立型のキャプテンシートを2つ設置。そして、一番後方の座席には3名掛けシートを採用しました。

 パワートレインは、全輪駆動のBEVを想定。全て床下に格納することで、車内空間を広く取っています。

 当時のプレスリリースでは「思いがけない広々とした空間と旅体験を、仲間と一緒に楽しむことができます」「スポーティさと快適さを組み合わせた、エキサイティングなプロポーションを備えています」などと書かれていました。

 ミニバンながらも、しっかりポルシェらしいイメージを盛り込んだレンディエンスト。ユーザーからは戸惑ったような声もありつつ「ポルシェである必要はないけど欲しいかもなぁ」と魅力を感じる人も多くいたようです。

 また、レンディエンストを見たユーザーから引き合いに出されたのが、2020年までトヨタが展開していたタマゴ型ミニバン「エスティマ」。コメントを見ると「エスティマ復活してほしい」「エスティマ初代の素晴らしさが懐かしい……」といった意見も出ています。

【画像】超カッコイイ! ポルシェの「タマゴ型ミニバン」を画像で見る(27枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. シエンタやフリードのライバルとして
    日本で320万くらいで売って欲しい
    検討する

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー