トヨタ「“ものすごい”センチュリーSUV」登場!? まさかの「爆速ショーファーカー」? 夢のド迫力「GRセンチュリー」予想CGがスゴイ

トヨタ自動車の最上級ショーファーカー「センチュリー(SUVタイプ)」に、ハイパフォーマンスモデル化した「GR」モデルをイメージしたレンダリング(イメージCG)が公開されています。どのようなクルマに変身したのでしょうか。

もしも「トヨタ最高峰のハイパフォーマンスモデル」があったら

 トヨタの最上級ショーファーカー「センチュリー」(SUVタイプ、以下センチュリーSUV)をベースに、CGアーティストのDigimods DESIGN氏がハイパフォーマンスモデル「GRセンチュリー」をイメージしたレンダリング(イメージCG)が公開されました。
 
 一見スポーツモデルが似つかわしくない超高級ブランドですが、どのように生まれ変わったのでしょう。

迫力がスゴイ! トヨタ「GRセンチュリー」予想CG[イメージCG:Digimods DESIGN]
迫力がスゴイ! トヨタ「GRセンチュリー」予想CG[イメージCG:Digimods DESIGN]

 センチュリーは1967年に誕生した最上級セダン。自分で運転する車両と異なり、会社の重役などが使用するショーファーカー(専属運転手がハンドルを握り、オーナーやゲストは主に後席へ乗る高級車)として設計されました。

 現行モデルは2018年に登場した3代目となるセンチュリー(セダン)。さらに2023年9月にはセンチュリーSUVが新たにラインナップに加わっています。

 センチュリーSUVは「これからもセンチュリーがお客様のご期待を超えたおもてなしをお届けしていくために、どうあるべきか」をテーマに掲げ、移動時間をより有効に活用できるよう、車内空間の充実に努めています。

 一番大きな変化は既存の4ドアセダンスタイルから、SUVタイプのボディスタイルになっている点でしょう。

 ボディサイズは全長5205mm×全幅1990mm×全高1805mmで、ホイールベースは2950mm。大柄なボディながら乗車定員は4名のままで、広々とした空間で過ごせます。

 もちろん、歴代のセンチュリーと同じく、ラグジュアリーで居心地の良い室内空間はそのままです。

 パワートレインは、静粛性と力強く爽快な走りを両立する3.5リッターV型6気筒エンジン+モーターのプラグインハイブリッドシステムを搭載。最高出力262馬力、最大トルク335Nmを発揮します。

 Digimods DESIGN氏はそんなセンチュリーSUVをハイパフォーマンス化した、いわば「GRセンチュリー」をイメージしたレンダリングを制作しました。

 GR(トヨタガズーレーシング)が手がけるスポーツモデルのなかでも、最高峰のスーパースポーツモデルに冠される「GR」モデルは、これまで「GRスープラ」「GR86」「GRヤリス」「GRカローラ」などに展開されています。

 レンダリングでは、車両の正面下部にGRヤリスなどに見られる大きな台形のフロントグリルを配置。またLEDライトはベースよりシャープなデザインになっています。

 想定されるパワートレインについての紹介はありませんが、ハイチューン化に合わせるようにロア部のエアインテークは縦長に大型化され、空力性能や吸気効率を大幅に高めているようです。

 ボディサイドはノーマルモデルよりもワイド化され、迫力あるオーバーフェンダーを装着。

 リアにはディフューザーとエアインテークを追加し、本格スポーツモデルであることを後姿でも強調しています。

※ ※ ※

 これまでもトヨタ「シエナ」や「タンドラ」といった大型車両で、GRモデルをイメージしたレンダリングを発表しているDigimods DESIGN氏。

 前述したように、センチュリーはお付きの運転手が操縦するのを主眼にしたショーファーカーです。

 センチュリーSUVの場合は、セダンタイプに比べオーナー自らドライブすることも考慮した設計だとしていますが、さすがに本格スポーツモデルまでは想定されていないようです。

 しかしセンチュリーSUVでは、ユーザーの独自の要望に答える「フルオーダーメイド」のカスタム仕様を展開しており、以前のプレゼンテーションでは斬新なオープントップ仕様や電動スライドドア仕様も発表するなど、ユーザーの様々な要望にできる限り応えると発表しています。

 また海外では、超高級SUV「レンジローバー」シリーズに、ハイパフォーマンスモデル「レンジローバースポーツ」がラインナップされている例もあります。

 それを考えると、オーナーが希望さえすれば“GRセンチュリー”のようなハイパフォーマンス仕様にすることも可能かもしれません。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「GRセンチュリー!?」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー