クルマの改造にも安全技術の波? トヨタ「ハリアー」に見るその傾向とは(写真115枚)

クルマをカスタムするためのパーツは、純正か否かを問わず各社から多様に発売されていますが、昨今の先進安全技術の普及により様相が変わってきているといいます。トヨタ「ハリアー」ではどのような傾向が見られるのでしょうか。

クルマのカスタマイズ、市場の嗜好は相変わらず?

 自分好みのクルマに仕上げるカスタマイズは、昔からクルマ好きの楽しみのひとつ。新車カタログと共に豊富なアイテムが並ぶメーカー純正オプションカタログを見て悩むのは、新車購入の醍醐味のひとつともいえます。

新型車発売と共に純正オプションで用意されるエアロパーツ。トヨタ「ハリアー」でも複数のタイプを設定する(モデリスタVer.1エアロキット装着車)(大音安弘撮影)。

 一般的に、新車購入費総額の10%ほどのオプションを装着するといいますから、新車の場合、20~40万円ほどの付属品をえらんでいることになります。純正オプションパーツは、新車ディーラーで納車前に装着してもらえ、保証が市販品よりも充実していることも人気のひとつですが、新車購入時ならローンにオプション品も組み込めるため、よりハードルが下がるという点もあるようです。

ハリアーの場合、前後スポイラーとサイドステップ、足元のエアロパーツを中心に構成される(モデリスタVer.2エアロキット装着車)(大音安弘撮影)。

 昨今の国産車の場合、ナビゲーションシステムやオーディオ機能は、オプションとなることが多いので、その費用が中心となりますが、同時に他車との差別化を図るために、エアロパーツなど外観のオプションパーツを選ぶユーザーも多く、人気アイテムのひとつとなっています。

 今年6月にマイナーチェンジを受けたトヨタ「ハリアー」にも内外装に多彩な純正オプションが用意されており、エアロパーツだけでも、トヨタオリジナル、モデリスタ、TRDと3ブランドが用意される充実ぶり。それぞれ異なる個性が与えられていますが、クロスオーバーSUVらしいタフさを強調しつつも、ワイド&ロースタイル、つまり車幅の広がりと低重心を演出したスポーティなものに仕上げられています。

標準車のデザイン性が向上した昨今、エアロパーツデザインも素材の良さを活かしたものが多くなった(TRDエアロパーツVer.1装着車)(大音安弘撮影)。
標準車にはないシルバー加飾付きのエアロパーツを追加することで存在感を高める(TRDエアロパーツVer.2装着車)(大音安弘撮影)。
標準バンパーにボリューム感のあるスポイラーを装着することでより低重心感を演出(モデリスタVer.2エアロキット装着車)(大音安弘撮影)。

 その迫力からクロスオーバーSUVとはいえ当然車高を抑えるためのローダウンサスを装着しているものと思いましたが、サスペンションに手を加えておらず、車高は標準車と変わらないそう。つまり、エアロパーツのデザインを工夫することで、ワイド&ローのスタイルを実現しているのです。

 実際にハリアーのエアロパーツ装着車を良く見てみると、標準車よりボリューム感が増しているものの、バンパーは標準仕様のままで、従来のようにそっくりバンパーごと交換して全体的にイメージを変えるものはなく、スポイラーやサイドステップなどパーツを足し、アクセントとして取り入れているものが基本であることに気が付きました。

この記事の画像をもっと見る(114枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事