1番安いのは“100万円台”! 「開放感MAX」さわやかな風を感じる極上体験「和製オープンカー」3選

ルーフを開けた時の開放感と、風を切って駆け抜ける爽快感はたまらないオープンカー。今回は、晴れの日のドライブにぴったりな国産オープンカーを3台紹介します。

心躍るオープンカーでのドライブ

 世の中には様々な種類のクルマが存在するなかで、オープンカーは魅力的なデザインと優れた走行性能を兼ね備えたモデルが多く、ドライブの楽しさを最大限に引き出してくれます。
 
 特にほかのクルマでは味わえないルーフを開けた時の開放感と、風を切って駆け抜けていく爽快感はたまりません。
 
 今回は晴れの日のドライブにぴったりな、国産オープンカーを3台紹介します。

最安で100万円台から買える「国産オープンカー」とは
最安で100万円台から買える「国産オープンカー」とは

●レクサス「LC500 コンバーチブル」

 LCコンバーチブルは、レクサスのフラッグシップ2ドアクーペ「LC」に電動格納式ソフトトップを備えた2ドアオープンモデルとして、2020年6月に発売されました。

 エクステリアは、LCの持ち味である走行性能とデザインが調和した独創性を継承。

 クーペモデルのデザインモチーフを活かしながら、コンバーチブルとしての独自の美しさを追求したものになっています。

 コンバーチブルとしてルーフの格納位置にもこだわり、ルーフを開けたときも閉じたときも、流麗なサイドビューを実現しています。

 ルーフは時速50kmまでなら走行中でも開閉可能で、約15秒でオープン、約16秒でクローズできる、クラストップレベルの開閉スピードを確保しています。

 パワーユニットには、5リッターV型8気筒NA(自然吸気)ガソリンエンジンが搭載されており、気になる燃費はWLTCモード燃費で8.0km/Lとなっています。

 価格(消費税込、以下同)は1550万円です。

●マツダ「ロードスター」

 ロードスターはマツダが30年以上にわたってラインナップを続ける2シーターのオープンカーで、初代(ユーノスロードスター)は1989年にデビューしました。

 現行モデルとなる4代目は2015年5月に発売。

 初代の原点に立ち戻った軽量・コンパクトなパッケージングに加え、魂動デザインを用いたワイド&ローなスタイリングを特徴とします。

 そして2024年1月下旬には大規模なアップデートが施され、先進運転支援機能の追加やパワートレイン・操縦安定性などの性能向上、灯火類などのデザイン変更など、多岐にわたる改善を図っています。

 またロードスターにはソフトトップのほか、ハードトップの「ロードスター RF」も設定されており、両者で異なるパワートレインを採用。

 通常のロードスターでは、1.5リッター直列4気筒エンジン「SKYACTIV-G 1.5」を採用しているのに対し、RFでは2.0リッター直列4気筒エンジン「SKYACTIV-G 2.0」を搭載しています。

 両車ともに6速ATまたは6速MTから選択可能です。

 価格はロードスターが289万8500円から367万9500円、RFが379万6100円から430万8700円です。

●ダイハツ「コペン」

 コペンはダイハツの軽スポーツカーで、電動ハードトップのオープンスタイルをもつ唯一の軽自動車です。

 現行型となる2代目は2014年に登場しました。

 2代目コペンの特徴は、外板を取り外しが容易な樹脂パーツとし、外装デザインの変更を可能としたことです。

 これにより、基本モデル「Robe(ローブ)」のほか、クロスオーバースタイル「エクスプレイ」、初代譲りの丸目ヘッドライトを備えた「セロ」、さらにトヨタとの共同開発による「GR SPORT(ジーアールスポーツ)」と、4つのまったく異なるスタイルをラインナップ。

 さらに2018年には、200台限定のハードルーフモデル「コペン クーペ」も発売するなど、多彩なボディ形態の違いも2代目コペンの見どころといえます。

 パワートレインは660ccの直列3気筒DOHCターボで、CVTに加え5速MTの設定があります。

 MT車の価格はローブとエクスプレイが188万8700円から、セロが194万3700円から、GR SPORTが238万2200円からとなっており、100万円台から購入が可能です。

【画像】超カッコイイ!これが「最高に楽しいオープンカー」です(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー