衝突防止補助システム「モービルアイ」、三菱ふそうで販売開始 他社既販車も後付け可能

2017年8月、ジャパン・トゥエンティワンが三菱ふそうトラック・バスと提携し、衝突防止補助システム「モービルアイ」の販売を開始します。

三菱ふそう以外の車両にも取り付け可

 ジャパン・トゥエンティワン(J21)は2017年8月21日(月)、三菱ふそうトラック・バスと提携し、モービルアイ社(イスラエル)が開発した衝突防止補助システム「モービルアイ」の販売を開始すると発表しました。

「モービルアイ」の取り付けイメージ(画像:ジャパン・トゥエンティワン)。

 この商品は、フロントガラスに取り付けたカメラが前方の歩行者や車両、車線を検知し、アイコン表示と警報音でドライバーに危険を知らせるというものです。三菱ふそうの純正アクセサリーとして発売されますが、J21によるとあらゆる乗用車、商用車にも後付けが可能で、追突や車線逸脱による事故を防ぐ「第三の目」として機能するといいます。

 年間販売目標は2000台です。J21は「自社集計調査では、装着後に追突事故の件数が82%削減したという結果も得られており、損害保険料のコスト削減にも効果的です」としています。

【了】
提供:乗りものニュース

この記事の画像をもっと見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事