6.3m超え! 日産の新型「最大級商用バン」公開で反響多数!?「迫力すごい」「キャンプ用に良さそう」タフに進化「インタースター」独に登場

日産のドイツ法人は2024年4月29日、新型「インタースター」を、ドイツ国内で行われた内覧会で公開したと発表しました。どのようなモデルなのでしょう。

最大級モデルのバンは使い勝手良し!?

 日産が実車公開した新型「インタースター」に反響が集まっています。
 
 ドイツ法人が夏に本格販売予定として2024年4月29日に内覧会で公開しましたが、いったいどんなクルマで、どんな声が上がっているのでしょうか。

最大級商用バン! 日産新型「インタースター」
最大級商用バン! 日産新型「インタースター」

 日産の商用バン「インタースター」は、初代モデルが2001年に登場しました。もともとルノーの商用バン「マスター」をベースにOEM供給という形を取っていました。

 2010年にモデルチェンジした際、名称が「NV400」となりましたが、2021年に「インタースター」に戻り、名前が復活して今に至ります。

 日産が展開する欧州向けのLCVシリーズは3モデルあり、最大である車両総重量4トンクラスとして販売されているのがインタースターです。

 そのインタースターについて、今回改良モデルが発表。新たにフェイスチェンジなどを含めた変更が行われました。

 新型インタースターのボディサイズは、ショート、ロングなど複数タイプが設定。全長は最初でも5mを超え最大は全長6.8m、全高は2.8mとなります。

 一例として、最も人気のあるボックスバンタイプの場合は、全長5680~6310mm×全幅(ドアミラー含む)2466mm×全高2501~2756mm、ホイールベース3585~4215mmです。

 積載スペースは「長さ+100mm」「幅+40mm増」「開口幅+40mm」で、利便性が向上。最小回転半径も小さくなって、より小回りが利いています。

 外装は、水平基調のフロントグリルに両側のメッキがアクセントとなり、キリっと凛々しい雰囲気となっています。

 パワートレインはディーゼルエンジンに9速ATを組み合わせたハイブリッドまたはモーター駆動の前輪駆動です。

 また、日産の大型商用車では初となるEVモデルが展開されます。バッテリー仕様も複数あり、目的や用途に合わせて87kWhもしくは40kWhが展開されます。航続距離はそれぞれ460km、200kmです。

※ ※ ※

 ネット上では「日本の商用バンももっと新型を投入してくれ」「良いな!でも、母国では売らないんだろうな…」「バン買うならこれ一択だと思う」「だいぶ近未来な顔つきだね」「色んな用途に使えそう。迫力ありますな」「商用車を見て久し振りにワクワクしました。何だか、エルグランドに意匠が続く前ぶれかと予想したくなります」といった声が。

 また「キャンピングカーベースに良さそうですね」「キャンピングカーのベースとしては日本でもアリかも?と思ってしまいますね」など、収容力と居住性を活かしてキャンピングカーへのカスタマイズに期待を寄せる声も複数見られました。

【画像】超カッコイイ! 日産「新型”最大級”バン」まず最初に画像でチェック!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー