目がバグる! 「“運転席2つ”商用バン」が新車で買える!? 「2台連結マシン」まさかの公式仕様に驚きの声! 欧州「謎車」に反響集まる

フランスの自動車メーカーであるプジョーが、トラックや大型バンの運転席…いわゆるキャブ部分を、電車のように接続した「Back to Back」を販売しています。その奇妙さが話題になっています。

「えっ…!」電車みたいな「商用バン」!?

 プジョーが、バンのキャブ部分を前後に繋げた「Back to Back」というバリエーションを販売しています。
 
 謎すぎるこの仕様に対し、SNSなどでは多くの声が集まっています。

この状態でちゃんと「走る」みたいです(!)
この状態でちゃんと「走る」みたいです(!)

 欧州の大型バン「ボクサー」は、ステランティスグループが製造する商用車シリーズのプジョー版です。

 シトロエン、オペル、米国・ダッジなど様々なブランド向けのモデルが存在し、なかでもフィアット版の「デュカト」は日本へも正規輸入されており、キャンピングカーのベース車両として欧州で高いシェアを誇っています。

 このほか欧州のトヨタにもOEM供給され「プロエース マックス」の車名で販売されるなど、同型のモデル展開は多岐にわたるものとなっています。

 多くの商用車が後輪駆動(FR)の組み合わせを基本としていますが、このクルマ最大の特徴は前輪駆動(FF)をベースとしている点で、それによりボディタイプの多彩な展開を可能としています。

 主力は大きな箱型のキャビンを備えたバンタイプで、様々な全長・全高のバリエーションを用意。

 加えて、後部に荷台を備えたトラックタイプや、客室を備えたバス仕様、キャンピングカーなどの特装車用に運転席部以外シャシーのまま販売する架装用モデルなど多くの仕様が設定され、ユーザーの多彩なニーズに対応しています。

 パワートレインはディーゼルエンジン仕様に加え、近年はBEV(バッテリーEV:電気自動車)仕様もラインナップされています。

 そんななかプジョーは、このボクサーに「Back to Back」という仕様を設定しています。

 これは2台のキャブ部分を前後に繋げ、セットにして販売したバリエーションで、同様の構成はシトロエンでも登場しています。

 これが海外の掲示板で話題を呼び、やがて日本のSNSなどでも注目を集めることになりました。

 謎の“Back to Back”仕様は走行することができますが、そのまま使い続ける訳ではありません。

 2台を分離してそれぞれ後部に架装することを前提にしたものであり、車両が2台必要なカスタマーに向け、配送料を1台分省ける「合理的な仕様」となっていたのです。

 これはFF仕様であるボクサーの利点を最大限に活用したもので、他のFR商用バンには真似ができない仕様といえるでしょう。

 そんなボクサー“Back to Back”に対し、SNSなどに反響が寄せられています。

 多かったのは「目がバグる」「なんなんだコレは!」「電車みたい」などの戸惑いの声です。

 一方で「理由を聞いて納得」「なんと合理的な」「理にかなってる」など、感心するコメントも多く見られました。

【画像】めちゃカッコいい! 謎の前後対称「商用バン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シート[写真は2017年11月一部改良モデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車) 内装・インパネまわり[写真は2020年一部改良時のモデルで最新モデルとは細部が異なります]

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. 最後のSNSでは〜というくだりは本当に要らない。
    まるで記事には必ずなければならない定型のようにあらゆる記事についているが、
    他人の感想なんて見たくもない。

    • 既視感有ると思ったら、先月も同じネタの投稿してる。何て手抜きなんだ。それと、巷の声って書いてるけど、何をどうやっても出てこないけどライターの付け足し作文ではないんですかね?!

  2. 商用車と言われてるけど、荷台が殆ど無いのに意味がない。
    ただこれはこれで事故が起こる可能性もある。
    話題の逆走を考えた時に、勘違いして避けようとして意味のない事故が起きてしまう。
    最近の自動車業界は犯した失態隠しに必死だよね。

  3. 何が「超カッコイイ!」なの?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー