マツダ新型「SUV」公開! 超進化した“魂動デザイン”に大反響! 斬新ドアミラーがカッコイイ! 次期型「CX-4」な「ARATA」中国に登場し熱視線集まる

マツダは中国で行われた「北京モーターショー2024」にて、コンセプトカー「MAZDA 創 ARATA」を世界初公開しました。その詳細と、ユーザーたちの反応を見てみましょう。

マツダ「ARATA」に反響アリ

 マツダと中国・長安汽車の合弁会社である長安マツダは2024年4月25日に行われた「北京モーターショー」で、クロスオーバーSUVのコンセプトカー「MAZDA 創 ARATA(以下、新型ARATA)」を初公開しました。

 今回はその詳細と反応について見てみましょう。

「MAZDA ARATA(マツダ・アラタ)」はなにを表すのだろうか…
「MAZDA ARATA(マツダ・アラタ)」はなにを表すのだろうか…

 長安マツダは、北京モーターショーで新型ARATAに加えて最新EV/PHEVとなる「MAZDA EZ-6」も発表しています。

 新型ARATAは「前向きに今日を生きる人の輪を広げる」というマツダの企業理念に基づいて、新しい価値創造に挑戦したコンセプトモデル。

 エクステリアには「SOULFUL + FUTURISTIC x MODERN」というデザインテーマのもと、未来的でモダンな造形を採用。市場で人気を集めるクロスオーバーSUVのフォルムながら、動くことへの感動や魂動デザイン特有の生命感を融合させています。

 また、左右のヘッドライトを繋げる形式で、半円状に緩い弧を描いた横長のライトを採用。クーペのようなスポーティーさを打ち出しています。

 側面のデザインは、分厚いドア断面と4つのタイヤにしっかりとトラクションがかかる立体構成に仕上げ、力強いダイナミックな造形を表現しました。

 後方部で注目したいのはリアコンビランプです。こちらは2つのウイングを重ねた”クロスウイング”となり、新しいマツダブランドを訴求しました。

 さらに、ボンネットの先端、フロントバンパーの両側、Dピラー内部に空気の通り道を設定するなど、空力性能も考慮しています。

 新型ARATAについて、マツダはプレスリリースで「動きを感じさせる造形の中に、モダンかつプレステージアスな印象を与えるクロスオーバーSUV」「進的なものを好む中国のお客様に向けた提案」としています。

※ ※ ※

 コンセプトカーながら、かなりリアリティーのあるデザインに仕上がっている「新型ARATA」。詳しいスペックなどはわかりませんが、外観からは中国専用モデルとしてかつて登場した「CX-4」の後継のような雰囲気も漂わせています。

 コンセプトカーを見た人からは「文句のないデザイン」「良いデザインの進化だわ」「輸入してくれないかな」といった声が続出。そのデザインに喜ぶ声が多く出ていました。

 一方で「テールゲートはどうやって開けるんだ?」という意見もあり、細部が気になる人も多くいました。

【画像】超カッコイイ! マツダの「新型SUV」を画像で見る(35枚)(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー