全長4m! トヨタ新型「SUVミニバン」実車公開! めちゃゴツい「オフロードタイヤ」装備で超ワイルドな「新型キャンピングカー」出展!

トヨタ「タウンエース」をSUV風にカスタムした、ワイルドでコンパクトなキャンピングカーが展示されます。一体どのようなモデルなのでしょうか。

「小型バン」なのに「超ワイルド」なSUV仕様!

 キャンピングカーの製造および販売をおこなうレクビィ(愛知県瀬戸市)は、唯一の直営販売店「レクビィ オスト ベネヴェント」(神奈川県大和市)にて、2024年5月25日から6月2日まで「すこし小さめのキャンピングカーまつり」を開催しました。
 
 この会場では、駐車場の大きさを心配しキャンピングカーの所有をためらっている人に最適な、“比較的ボディサイズの小さなキャンピングカー”を展示。
 
 ここに出展された最新のキャンピングカー 新型「ホビクル タウンランダー」とは、一体どのようなモデルなのでしょうか。

最新キャンピングカー「新型ホビクル タウンランダー」
最新キャンピングカー「新型ホビクル タウンランダー」

 新型ホビクル タウンランダーは、“シンプルな構造のキャンピングカー”としてレクビィのラインナップ内でも支持の高い「ホビクルオーバーランダー」シリーズのエントリーモデルです。

 同社として初めてトヨタ「タウンエース」をベースに開発し、ボディサイズは全長4065mm×全幅1665mm×全高1930mmとコンパクト。

 大きなモデルが一般的なキャンピングカーの中においては小さめな車体ですが、大人5名が乗車し移動することが可能です。

 そんな新型ホビクル タウンランダーは、ポータブル電源の使用を前提としており、上中下段にセットできるベッド、荷物固定用のフック受け付きのラゲッジボード、小物を掛けられるリアクオーターサイドモールシステムなど、小柄なボディを活かしつつ工夫を凝らした拡張性の高さが特徴。

 それでいて断熱・制振についてはしっかりと対処が施され、「吸音/遮音/制振材」「熱反射シート」「断熱シート」を3段重ねすることで、夏から冬まで車内で快適に過ごせるよう加工が行なわれています。

 また搭載されたベッドには、帆布(はんぷ)風の難燃生地を採用。さらにベッドマットには剛性の高い軽量芯材を使用し、大人2名が快適に車中泊することが可能です。

 シックさを追求した外装デザインは、アースカラーを活かしたツートーン仕様が採用され、これにオフロードタイヤと黒いアルミホイールを装着。

 これによってSUVテイスト漂う「ワイルド」な仕上がりとなり、幅広いユーザー層に受け入れられるタフなスタイルを完成させています。

※ ※ ※

 新型ホビクル タウンランダーは全車とも1.5リッターガソリンエンジンを搭載しており、車両価格(消費税込)は2WDモデルが409万2000円、4WDモデルが437万4700円。

 また、登録は8ナンバーのキャンピングカー登録のみとなります。

【画像】「えっ…!」これが最新の「SUV風キャンパー」です(52枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー