大渋滞エリア「津田沼」の「南北分断」解消近し!? 念願の「JRと京成またぐ道路」が完成間近 橋脚も見えてきた!

千葉県の主要駅のひとつ、津田沼駅の周辺に、JRの線路を越える新たな橋が完成間近になっています。開通すればどう便利になるのでしょうか。また、工事はどこまで進んでいるのでしょうか。

かなり完成に近づいてきた

 千葉県の主要駅のひとつ、津田沼駅の周辺に、JRの線路を越える新たな橋が完成間近になっています。
 
 開通すればどう便利になるのでしょうか。また、工事はどこまで進んでいるのでしょうか。

渋滞する津田沼駅の周辺道路(画像:国土交通省)。
渋滞する津田沼駅の周辺道路(画像:国土交通省)。

 千葉県東部の交通結節点のひとつ「津田沼駅」は、習志野市の中心駅でもあります。JR総武線が東西に抜けていき、南側では京成本線が走り、京成千葉線、さらに新京成電鉄が分岐していきます。

 さて、一大繁華街を形成する津田沼駅周辺ですが、地上を走るJR総武線の複々線によって街の南北が分断されていて、互いに行き来する道路がほとんどありません。成田街道や御成街道ほか、数少ないJR交差道路は終日大混雑になっています。

 さて、今回建設中なのは、JR津田沼駅の東側でJR総武線と京成本線・千葉線をまとめて越える都市計画道路「藤崎茜浜線」の未開通区間です。

 この都市計画道路は、JR京葉線の新習志野駅方面から、市役所通りまでをつなぐ南北道路として開通しており、一部は4車線です。この都市計画道路がさらに北へ延伸して、いよいよ京成とJRの線路を越えて北側エリアへつながろうとしているのです。

 跨線橋は4車線で作られます。

 線路を越えたところで別の市道に接続し、そのまま御成街道や大久保方面、国道296号方面へ抜けられるようになります。

 また、線路北側エリアと臨海エリアを直結する道路が完成し、幕張新都心などへ行きやすくなります。

 気になる進捗ですが、すでに昨年12月には橋台(最端部の橋脚)が完成済み。あとは線路をひとまたぎする橋桁を架ける段階で、現場には橋桁を組み立てるための作業台が完成しています。

 橋桁は1500トンもの総重量があり、大阪府の工場で製作中。線路をまたぐため、終電後の深夜帯に一気に架けていくことになります。

 橋桁を架ける工事は「5月以降」を予定しているとのことで、いよいよ間もなく、詳細な日程が発表されることとなります。

【画像】超便利!? これが津田沼の「悲願の新道路」のルートと工事状況です(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. えっ!?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー