新型「“2ドア”スポーツカー」初公開! V12エンジン×MT搭載でめちゃ楽しそう! レトロ風デザインに”熱視線“な新生「TWR」英で発表に反響大

2024年4月30日、V12エンジンを搭載した往年の名車、ジャガー「XJS」をモデファイした「スーパーキャット」が発表されました。TWRが手がけたという高性能スポーツカーに対し、さまざまな反響が寄せられています。

迫力がスゴイ! 生まれ変わった“トム・ウォーキンショー・レーシング”に反響

 イギリスを拠点とする新生TWRが2024年4月30日、V12エンジンを搭載した往年の名車、ジャガー「XJS」をモデファイした「スーパーキャット」を発表しました。
 
 1980年代から90年代にかけ世界のレース界を席巻したTWRの復活に対し、SNSなどでは多くの声が集まっています。

“新生”TWR登場! ド迫力な新型「スーパーキャット」に反響集まる!
“新生”TWR登場! ド迫力な新型「スーパーキャット」に反響集まる!

 2020年に新たに設立されたTWRは、ジャガーのレーシング部門ゆかりのエンジニアリング会社です。

 創設者ファーガス・ウォーキンショー氏の父親は、かつてジャガーのレーシング部門を担っていた旧TWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)の創設者、トム・ウォーキンショー氏です。

 トム氏率いるTWRといえば、関係性が深かったジャガーのイメージが強く、ル・マン24時間レースでの優勝をはじめ輝かしい実績を挙げました。

 しかしそんなTWRは、2000年代になると経営権を巡る問題が生じ、その後倒産しています。

 新生TWRは、かつての「TWRの輝きをもう一度」という思いのもと、息子のファーガスが起ち上げた会社で、今回発表された新型スーパーキャットは、その第1号車となります。

 新型スーパーキャットは、ジャガーが1975年から1996年まで生産していた「XJS」をベースに、ファッションデザイナーのマグナス・ウォーカー氏と、イギリスのCGアーティストであるキジル・サリーム氏がボディパネルを新設計。

 オリジナルのXJSをリスペクトし、アナログの良さを大切にしたというデザインを与えました。

 またパワートレインは、5.3リッターまたは6リッターのV12エンジンにスーパーチャージャーを付け、最高出力は600PS以上を発揮します。MTも選択可能だといいます。

 なお今回の発表では新型スーパーキャットの内装デザインはまだ明らかにされておらず、2024年夏の正式デビュー時に公開の予定となっています。

 そんな新型スーパーキャットに対し、SNSなどではさまざまな反響が寄せられています。

 多かったのは「TWR懐かしい」「トム・ウォーキンショーといえばジャガーだよね」と、レース全盛期を懐かしむ声でした。

 また「迫力スゴイ」「なかなかイカツイ」「(派手なエアロで1980年代頃に話題を呼んだドイツのチューニングメーカー)ケーニッヒかとおもった」など、目をひくデザインに対するコメントも多く集まっています。

 いっぽうで「イギリス車らしくない」「もう少し上品な感じが欲しい」「エアロなしのレストモッドが欲しい」など、往年のXJSとは大きく異なるド派手な姿に戸惑う意見も見られました。

※ ※ ※

 新型スーパーキャットは限定88台販売の予定で、価格は22万5000ポンド(約4430万円)を予定しています。

 デリバリーは2024年内に始まる見通しとなっています。

【画像】めちゃカッコいい! V12×MTの新型「スポーツカー」を画像で見る(23枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー