めちゃ「オシャレ」! しかも「ChatGPT機能」搭載! 高級感アップの特別仕様車「DS 7 RIVOLI E-TENSE 4×4」発売

DSオートモビル・ブランドのフラッグシップSUV「DS 7」の特別仕様車「DS 7 RIVOLI E-TENSE 4x4」が、2024年5月16日から発売されます。どのようなモデルなのでしょうか。

特別なレザーとダイヤモンドステッチで高級感アップ

 2024年5月16日、ステランティスジャパンはDSオートモビル・ブランド(以下、DS)が展開するフラッグシップSUV「DS 7」の特別仕様車「DS 7 RIVOLI E-TENSE 4×4(ディーエス セブン リボリ イーテンス フォーバイフォー)」を発表しました。同日より発売を開始します。

サヴォア・フェール(匠の技)が息づいた特別な「DS 7 RIVOLI E-TENSE 4x4」
サヴォア・フェール(匠の技)が息づいた特別な「DS 7 RIVOLI E-TENSE 4×4」

 DS7は、当初日本では2018年7月から「DS 7 クロスバック」として販売が開始されました。

 そして2023年4月に名称をDS 7と改めると同時に、大幅なマイナーチェンジが施され現在のモデルに至ります。

 今回発表された特別仕様車DS 7 RIVOLI E-TENSE 4×4の特徴は、内外装にあります。

 インテリアには、特別仕様車ならではのバサルトブラックのグレインレザーを使用。

 そこにダイヤ模様のステッチを随所にあしらった、シックで上質感のある仕立てとなっています。

 足元には、新デザインの19インチアロイホイール「Edinburgh(エディンバラ)」を特別装備し、スマートな足周りを演出。

 ボディカラーには、落ち着いた印象のグリラケ(グレー)を採用しています。

 パワートレインは、1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジン、およびフロントモーター、リアモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド「E-TENSE 4×4(イーテンス フォーバイフォー)」を採用し、システム合計最高出力300ps、最大トルク520Nmを発揮します。

 77kmのEV走行レンジ、WLTCモード燃費は15.8km/Lを誇り、環境性能割およびエコカー減税の対象となります。

 なおベースモデルとなるDS 7には、大型のスライディングルーフや先進のラインティング「DSピクセルLEDビジョン3.0」を装備し、対向車や先行車の乗員の眩しさを低減します。

 加えてフロントフェイスの両脇に4本ずつ、垂直方向のライトシグネチャーが特徴の「DSライトヴェール」が備えられ、光の装飾美を演出します。

 また、全DSブランドモデルには、2024年2月から対話型生成AI音声アシスタント機能の「ChatGPT」を標準で搭載しています。

 ステランティスジャパンはChatGPTについて、ドライブ先の豆知識を教えてくれたり、何気なく浮かんだ疑問に答えてくれるなど、より楽しく快適なカーライフを実現させるアイテムだと説明します。

 DS 7の特別仕様車RIVOLI E-TENSE 4×4の価格は794万4000円(消費税込み)です。

【画像】美しすぎる!特別仕様車「DS 7 RIVOLI E-TENSE 4x4」はこちらです(23枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー