トヨタ新型「コンパクトSUV」発表! 驚きの”レクサス顔”に進化!? 顔面刷新の”最売れモデル”「カローラクロス」亜で登場

2024年5月8日、トヨタのアルゼンチン法人は新型コンパクトSUV「カローラクロス」のマイナーチェンジモデルを発表しました。一体どのようなクルマなのでしょうか。

進化した外装デザインは何と「レクサス風」

 2024年5月8日、トヨタのアルゼンチン法人は新型「カローラクロス」を発表しました。
 
 マイナーチェンジを実施し、外装デザインを中心にイメージを一新した最新モデルとなります。一体どのようなクルマなのでしょうか。

トヨタ新型「カローラクロス」
トヨタ新型「カローラクロス」

 トヨタのロングセラーに君臨する「カローラ」シリーズの歴史は、1966年にはじまりました。2020年、そこへ新たにコンパクトSUVモデルとして投入されたのが「カローラクロス」です。アルゼンチン国内では、ハイブリッド含む電動車で最も売れているといいます。

 カローラクロスは、最新のTNGA「GA-C」プラットフォームをベースに開発され、4代目プリウスや他のカローラシリーズといった、最近の開発トレンドを継承しています。

 ボディサイズは、全長4460mm×全幅1825mm×1620mmです。

 パワートレインは1.8リッターハイブリッドモデル「HEV 1.8 SEG」と「HEV 1.8 XEI」の2種類のモデルをラインナップ。どちらもeCVT搭載です。

 一方、ガソリン車は2.0リッターエンジンに10 速のプログラム済み”ダイレクトシフトCVT “を組み合わせ搭載。最大出力は171馬力/トルク203Nmを発揮します。

 エクステリアは、新フロントデザイン「ハニカムデザイングリル」が導入されたほか、よりシャープな形状になったシーケンシャルLEDライトを採用。リアライトも形状が変更されました。18インチホイールはエレガントなタッチを加えた、立体的な新しいデザインに生まれ変わっています。

 ボディカラーは7種類あり、ホワイト、パールホワイト、シルバーグレー、メタリックダークグレー、マイカブラック、メタリックレッド、メタリックダークブルーが展開されます。

 インテリアは高級感と広さを感じられる室内空間とし、「SEG」モデルでは12.3 インチのマルチインフォメーションディスプレイのほか、「XEI」モデルはワイヤレス充電ポートを装備。

 運転面でも、電子パーキングブレーキおよび自動ブレーキホールドが装備されています。また安全性能では「Toyota Safety Sense」パッケージが標準搭載。車線逸脱警報および車線維持アシスト、リアクロストラフィックアラートシステム、ブラインドスポット警告システムなどを備えています。

 現地における新型カローラクロス2025年モデルの販売価格は、3207万2000アルゼンチンペソ(約565万円)から3529万9000アルゼンチンペソ(約622万円)までです。

【画像】超カッコいい!? トヨタ新型「カローラクロス」見た目が大変化!まずは画像で見てみよう(画像)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー