新車で買える!? 超“レトロ”な三菱「L300」! アンダー230万円からで“17人乗仕様”もアリ! 45年以上も存在する「超凄いデリカ」とは

日本では生産が終了したモデルでも、日本国外ではまだまだ現役というパターンは珍しくありません。三菱「L300」も45年以上も展開されるモデルですが、どのようなクルマなのでしょうか。

45年も継続展開? 三菱「L300」とは

 日本では生産が終了したモデルでも、日本国外ではまだまだ現役というパターンは珍しくありません。今回ご紹介する三菱「L300」もそんなモデルのひとつ。

 L300という車名はあまりなじみがないかもしれませんが、Lシリーズは三菱の海外向け商用モデルを中心に与えられている名前となっており、今回ご紹介するL300は、その姿からも分かるように2代目「デリカトラック」をベースとしたものとなっています。

45年前から存在する2代目デリカトラック…フィリピンでは「L300」として販売される
45年前から存在する2代目デリカトラック…フィリピンでは「L300」として販売される

 日本では1979年に登場し、1994年まで生産されていた2代目デリカトラックですが、フィリピンでは現在も現役のモデルとして販売が続けられているというワケなのです。

 フィリピンのL300は過去にはバンタイプも販売されていましたが、現在は「キャブ&シャシー」のみが販売され、購入したユーザーのニーズに合わせてリアセクションに架装できるようになっており、日本でもおなじみの平ボディのトラックやアルミバン、冷蔵車などのバリエーションのほか、15~17人が乗車可能な独立したリアセクションを持つものもラインナップされ、公共交通車両やファミリーカーやビジネスカーとしての需要も満たしています。

 一方、キャブ部分は日本で販売されていた2代目デリカトラックと大きく変わるところはなく、カラードバンパーやメッキグリル&ドアハンドル、マルチリフレクター式ヘッドライトなどが特徴とされており、インテリアも基本的な造形は日本で販売されていた頃のデリカトラックの意匠のままで、ステアリングもエアバッグの備わらない2本スポークのまま。

 ただし液晶タイプのオドメーターやUSBポートを備え、MP3にも対応したオーディオが備わるなど、一部は現代的なアップデートがなされていました。

 また搭載されるエンジンは排出ガス規制のユーロ4に対応した4N14型の2.2リッターディーゼルターボエンジンとなっており、それまで搭載されていたものに比べてパワーとトルクが40%向上したとアピールされています。

 なお、この4N14型エンジンを2代目デリカトラックベースの車体に搭載するにあたり、キャビンの位置を100mm高めてクリアランスを確保。その結果視認性が向上したとアピールされていました。

 価格は82万5000フィリピンドルから(約222万円)となっており、コンパクトカーの「ミラージュ」以上、コンパクトミニバンの「エクスパンダー」未満という価格となっており、フィリピンのビジネスシーンを支える重要なモデルとなっています。

【画像】超カッコイイ! 45年以上販売される三菱「L300」を画像で見る(29枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー