車中泊に最適&最強! 日産の「巨大ベッド搭載車」が完成度高すぎ! 「キャラバン マイルーム」何がスゴい?

日産は「キャラバン」を車中泊仕様に仕立てた「キャラバン マイルーム」を追加しました。車内を“部屋”のように使えるモデルですが、何が魅力なのでしょうか。

日産が「車中泊」への需要に応えた新仕様を設定!

 いま、「キャンピングカー」が大人気である。
 
 小さい子どもがいる家族だと、食事をするにも宿泊するのにも気を遣うし、仕事や子どもを気にしなくなったシニアであれば、予定を立てない旅なんかしたい。
 
 一方、ここにきてインバウンドが増えて宿泊費は高騰し、予約も取りにくくなっている。

日産の車中泊専用車「キャラバン マイルーム」
日産の車中泊専用車「キャラバン マイルーム」

 そんなとき、車内に寝るスペースのあるクルマならすべて解決してしまう。私(国沢光宏)も以前キャンピングカーを3台乗り継いだ。

 なぜ3台なのか、キャンピングカーといっても様々なタイプがあるからです。

 皆さんが理想とするキャンピングカーは“家”と同じ機能を持つ「モーターホーム」だろう。

 私も1台目に全長6.8mの「ウィニベーゴ」というモーターホームを買った。ベッド3つ、トイレやシャワー、冷蔵庫、ルームエアコン、電子レンジ、シンク2つ。4人分のダイネット付きで外部電源と水、下水タンク、発電機まで付いていました。

 確かに快適なのだけれど、大きくて苦労したのも事実。駐車場はマイクロバスや中型トラック用が必要なのだ。

 2シーズンほど使い「コーチメン・バンキャンパー」なるフォード「エコノライン」の内部を改造し(日本だとハイエースのロング&ワイドが一般的)、モーターホームに近い装備を持たせたものに乗り換えた。装備内容はモーターホームと同等。居住面積が少し狭くなった程度でした。

 それでも全長6m×全幅2.1mは日本だと気軽に出かける気分になれない。3台目に選んだのが、今回試乗した日産「キャラバン マイルーム」と同じく、ベッドと雨の日でも快適に過ごせるリビングを備えたVW「ヴァナゴン」だった。

 トイレや調理など出来ないものの、オートキャンプ場なら何の問題もなし。荒天の日だけ車内で寝たり過ごせたらいいというコンセプトです。

 キャラバン マイルームも外観は標準ボディのキャラバンなので、5ナンバーサイズ。道路事情が悪い日本だと最強&最適な大きさだと思う。

 ベッドは荷物を載せるスペースを使っており、2人なら全く問題ないし、子どもが小学校低学年くらいまでであれば、親子で川の字になって寝られる。

 キャビンの中にシンクなどないものの、タープなど使い車体のドア横にスペースを展開すればいいと思う。

 外部電源のあるキャンプ場なら、最近増えてきた携帯エアコン(6~7万円)を買うと夏場も涼しく過ごせる。有り難いことに、携帯電源が急激に安くなってきて、2kWhで16万円くらい。これを使うと外部電源無くても5時間くらい携帯エアコンを稼働することができる。

 電気毛布や夜間照明、TVなら使い放題です。使った電気は昼間に充電しておけばよろしい。テントで過ごすより圧倒的に快適です。

【画像】「えっ…!」これが日産の「車中泊専用車」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 私のセレナは、8ナンバーのリフトアップ車、これから営業ナンバーをと考えての介護車輌です。当前、資格は、10年以上前に、取得しています。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー