日産「新型セダン」発表! 上質すぎる「ブラック・ゴールド」が超カッコイイ! 精悍顔の上質「アルティマ」中国で約410万円

日産と中国東風汽車の合弁会社「東風日産」は2024年4月23日、「アルティマ」の新たな特別仕様車「ブラックゴールドエディション」を発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ブラックゴールドな新型「アルティマ」登場

 日産と中国東風汽車の合弁会社「東風日産」は2024年4月23日、ミドルセダン「アルティマ」の特別仕様車「ブラックゴールドエディション」を発売したと同社公式SNSで発表しました。

ブラック&ゴールドがカッコイイ! 日産新型「アルティマ ブラックゴールドエディション」
ブラック&ゴールドがカッコイイ! 日産新型「アルティマ ブラックゴールドエディション」

 アルティマは1993年に北米でデビューしたミドルセダン。現行モデルは2018年に発表された6代目にあたり、中国では2019年から販売されています。

 それまで中国でミドルセダンのポジションを担っていたのは「ティアナ」というクルマで、こちらの初代は2003年に日本で”モダンリビング”というコンセプトを掲げてデビュー。翌2004年に中国でも販売が始まりました。

 アルティマとティアナは基本コンポーネントを共有しており、前者は主に北米向け、後者は主にアジア向けとして長年展開されていましたが、2019年、中国でティアナの世代交代を機に統合。車名もアルティマに改名されました。ただ中国語表記はティアナ時代の「天ライ」を踏襲しています。

 日本から見るとややこしい成り立ちの中国アルティマですが、現地で「天ライ」という表記でデビューしてから20周年を記念して発表されたのが、今回のブラックゴールドエディションとなります。

 その名の通り、ブラックとゴールドで精悍な個性を引き立てた特別仕様車です。

 ボディカラーはブラックのみの設定で、専用アイテムとしてブラックフロントグリル、ゴールドフロントスポイラー、ゴールド車名エンブレムが装備されます。

 内装はブラックレザーシートやインパネ、ステアリングにゴールドのリムがあしらわれるほか、前席にベンチレーション&ヒーターが付くなど快適性の向上も図られています。

 パワートレインはほかのグレードと同様、2リッター直4エンジンにCVTを組み合わせたもので、最高出力156PS/最大トルク197Nmを発生します。価格は19万1200元(約410万円)です。

【画像】超カッコイイ! 日産「新型セダン」を画像で見る(65枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー