「東海環状道直結」に前進!? 「豊田南バイパス」全通予定が発表! 2026年度に瀬戸方面へ直結 “渋滞市街”ぐるりスルーの幹線道路

愛知県で整備中の「豊田南バイパス」について、全線開通予定が「2026年度」と発表されました。いよいよ開通めどが明らかになったこの道路、完成すればどう便利になるのでしょうか。

混雑市街地をぐるりバイパス

 国土交通省 中部地方整備局は2024年4月26日、愛知県で整備中の「豊田南バイパス」について、全線開通予定を「2026年度」と発表しました。
 
 いよいよ開通めどが明らかになったこの道路、完成すればどう便利になるのでしょうか。

工事が進む豊田南バイパス(画像:Google Earth)。
工事が進む豊田南バイパス(画像:Google Earth)。

 豊田南バイパスは、国道155号のバイパスとして整備中の道路です。

 愛知県豊田市の混雑する中心市街地をぐるっと迂回し、各幹線道路をつなぐ役目を果たします。伊勢湾岸道の豊田南IC付近から名神の豊田ICまでをショートカットし、国道153号(豊田西バイパス)へ直結する区間が開通済みです。

 今回「2026年度開通」が発表されたのは、そこからさらに東へ延伸し、国道155号へ至る残り3.7kmの区間です。完成すれば、ひとまず愛知県中部から瀬戸方面へ、下道の直結ルートが誕生することとなり、スムーズな縦横移動が可能になります。

 現時点で、現場ではまず川や道路をまたいでいく交差部分の橋梁が、姿を見せています。すでに橋桁が架けられている状況です。それ以外の場所でも、橋梁がニョキニョキと並び、掘割部分の擁壁も姿を現してきています。

 とはいえこのバイパス道路が真価を発揮するのは、豊田南バイパスの延長線である「豊田北バイパス」が全通してから。豊田北バイパスは豊田市街地の北側をまわり、東海環状道の豊田勘八ICへ直結することとなります。

 豊田北バイパスまでが完成すれば、豊田市街地外縁の環状道路が完成するほか、武豊・半田方面からの「ナナメ南北軸」が東海環状道へつながり、北陸方面へのスムーズな運搬経路としての期待もあります。

 気になる豊田北バイパスの未開通部4.9kmですが、開通めどはまだ発表されていません。しかし現場では、一部工区ですでに掘割部分の擁壁が姿を現してきています。

【画像】超便利!? これが全通する「豊田南バイパス」ルートと工事状況です(23枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー