全長3m級で470万円!? 「小さな超高級車」がスゴかった! “匠”が仕上げた「豪華すぎ内装」採用! 日本でも販売した「老舗ブランド」の激レア車とは

異例なほどの「豪華づくし」 今ではプレミアのつくモデルに

 さらに、シグネットは車内にも見所がありました。

 ダッシュボードの造形などの基本的な部位はiQを踏襲するものの、シートだけでなくダッシュボード、ドアの内張に至るまで品質の良い本革で覆われており、アストンマーティンの高級クーペ「DB9」と変わらぬ仕立てになっていました。

 使用する本革の量も、DB9とほぼ同じだったそうです。天井はアルカンターラが貼られ、メーターの文字盤すら専用のデザインに交換されていました。

 一方で、97psを発生する1.3リッター直列4気筒DOHCエンジンに、5速MTもしくはCVTを組み合わせたパワートレイン、前後ストラット式のサスペンション、およびそのセッティングなどはiQのまま。

 とはいえ、さすがにアストンマーティンだけあって、遮音材を増量して車内の静粛性をアップしていました。

 このようにとても丁寧に生産されたシグネットは価格も高額となり、2011年の市販開始の際には、日本ではMT車が475万円から、CVT車が490万円からに設定されました。

 これは、iQの約3倍に相当します。なお英国市場では、日本円で620万円以上もしました。ただし、アストンマーティンの新車としては異例の低価格だったことも確かです。

DBシリーズと並んでも遜色のない仕上がりだった
DBシリーズと並んでも遜色のない仕上がりだった

 そんなiQを、当初アストンマーティンではなんと年間4000台も生産する計画を立てていました。

 ところが、iQの“お化粧直し車”に高額を支払うユーザーが少なかったことなどが理由で販売は低迷。2013年までに約150台が生産されたのみで、販売を終えてしまいました。

 しかし、市販車の価格上昇が続く現在の視点で見ると、当時は高い!と思った価格にも、大きな価値があるように感じられます。

 残念なことに、いま手に入れようとしても、希少車であるシグネットは中古車市場ではプレミアがつき、当時の新車価格よりも大幅に高い800万円以上というプライスタグがついているケースもみられます。

※ ※ ※

 アストンマーティンの長い歴史でひときわ珍しい存在のシグネット。これ以来、アストンマーティンでは小型車の開発を行なっていません。

 しかし、これほど小さくなくとも、高級コンパクトSUV市場の拡大に伴い、再び「小さなアストンマーティン」を送り出す可能性はゼロではないと思います。

 その際はどのようなクルマになるのか、興味津々です。

アストンマーティン・シグネット のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ! これが全長3m級の「小さな高級車」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー