マツダ「新型最上級セダン」世界初公開! 全長4.9mで“後輪駆動”×「豪華内装」採用! 「次期型マツダ6」想起させる「EZ-6」中国発表に大反響

長安マツダが世界初公開した新型「MAZDA EZ-6」について、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

次期「マツダ6」!? マツダのFR高級セダンに期待高まる

 マツダと中国・長安汽車の合弁会社である長安マツダは2024年4月25日、開催中の「北京国際モーターショー2024」で、新型セダン「MAZDA EZ-6」を世界初公開しました。
 
 SNSなどではマツダの新たなセダンということもあり、さまざまなコメントが投稿されています。

マツダ「最上級セダン」登場
マツダ「最上級セダン」登場

 新型EZ-6は、長安マツダが開発・製造を行う新型電動車(新エネルギー車)の第1弾モデルです。

 エクステリアは、マツダのデザインテーマ「魂動デザイン」にEZ-6独自の「Authentic Modern」を合わせ、シンプルで伸びやかなクーペフォルムを通じて、新しさもありながらクルマが本来もつ魅力を表現したと言います。

 ボディサイズは全長4921mm×全幅1890mm×全高1485mmです。

 フロントフェイスは、マツダが公開しているコンセプトスポーツカー「MAZDA ICONIC SP」を連想させる大型グリルやシャープなヘッドライトが採用され、精悍な印象です。

 ボディサイドはフラッシュドアハンドルが採用され流麗な仕上がりですが、2024年4月中旬に日本向け仕様車が生産終了したフラッグシップセダン「MAZDA6」とも類似する印象です。

 リアでは、半円4連と横一文字が組み合わされた斬新なテールライトが採用されるなど、先進的な印象を高めています。

 インテリアは、ブラックとタンカラーによる2トーンのコーディネートで、シートはキルティングと中央部にブラックのアクセントが施されたモダンで豪華な仕上がりです。

 インパネ中央には大型モニターが配されたほか、ルーフは大面積のガラスルーフを採用。助手席シートにはオットマンが備えられ、乗員の快適さも追求されています。

 パワートレインの詳細は不明ですが、BEV(バッテリーEV)とPHEV(プラグインハイブリッド)が用意されるとしており、航続可能距離はBEVでは約600km以上、PHEVでは1000km以上を想定していると明かされています。

 駆動方式は後輪駆動を採用し、サスペンションはフロント:ストラット式、リア:マルチリンク式。高速走行時の安定性を向上させる電動リアスポイラーを採用するなど、走行性能の高さもうかがわせます。

 新型EZ-6は2024年中に中国で発売が予定されています。

※ ※ ※

 そんな新型EZ-6について、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

「かっこいい」「いいじゃんこれ!」「デザイン的にわりと好み」など、デザインに冠して評価する人が多いようです。

 特に、上質に仕上げた内装については多くの人が肯定的な印象を持ったようで、「外観も内装もきちんとMAZDA色出せていて、なかなか悪くないですよね」「内装の質感がすごい」といった意見も見られます。

 その一方で、「マツダらしさは薄れてるけど、リアと内装がかっこいい」「なんかマツダ感がない」など、合弁会社での独自モデルということもあってマツダらしい雰囲気が掛けていると指摘する声も寄せられました。

 そのほか、「ランティスぽくてヨシ」「アンフィニMS-6とテルスターTX-5の雰囲気」など、マツダの旧モデルと共通性を感じさせるというコメントや、「アテンザとして復活して欲しい」「コレが MAZDA 6 (ATENZA)で良いでしょ」と、MAZDA6としての復活を期待する意見も見られます。

マツダ・MAZDA6セダン のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! マツダ新型「最上級セダン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー