マツダ「和製スーパーカー」実車公開! 「ロータリー・ミッドシップ」降臨に衝撃! 斬新「RX500」幕張に登場で反響集まる

2024年4月12日から14日まで開催された自動車イベント「オートモビル カウンシル2024」に、マツダはロータリーエンジン搭載の「ミッドシップ・スーパーカー」を出展。その斬新なスタイルに多くの反響が集まっています。

マツダ「ロータリー・ミッドシップ」に感嘆の声集まる

 マツダは、2024年4月12日から4月14日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された自動車イベント「オートモビル カウンシル2024」に「RX500」を出展しました。
 
 ロータリーエンジン搭載のプロトタイプスポーツカーで、しかも同社としては非常に珍しいリア・ミッドシップレイアウトでガルウィングを備えた“スーパーカー”とあって、様々な声が集まっています。

斬新スタイリングに感嘆の声! マツダ ロータリー ミッドシップ スポーツカー「RX500」
斬新スタイリングに感嘆の声! マツダ ロータリー ミッドシップ スポーツカー「RX500」

 重量物であるエンジンとミッションを前後輪内にレイアウトするミッドシップレイアウトですが、RX-500ではロータリーエンジンのコンパクトさが活かされています。

 通常のレシプロエンジンのミッドシップレイアウト車にくらべ、ドライバーの着座スペース、エンジン、そしてトランスミッションがコンパクトに収まっており、車両運動性を高める設計がされています。

 縦置きエンジンレイアウトであるため、横置きエンジンのミッドシップ車にくらべ重心高を低く設定できるため、ロータリーエンジンの特徴を最大限活かした車両デザインがされています。

 また、このマシンのエンジンフードはガルウィング式であり、圧倒的な存在感を発揮します。

 そんなRX500が出展されたオートモビル カウンシルは、「日本に自動車文化の創生を図ること」を目的とした自動車イベントです。

 同様にマツダも「日本に自動車文化を育みたい」という想いを抱いており、同イベントへの共感から例年参加を続けているといいます。

 2024年の出展テーマは「ロータリースポーツカーコンセプトの歴史と未来」。

 ブースには異なる世代のロータリースポーツカーコンセプトを出展しましたが、中でも極めて珍しい希少なモデルとして注目を集めたのが、1970年の「第17回東京モーターショー」で世界初公開されたRX500です。

 当時のフラッグシップスポーツカーである「コスモスポーツ」の後継車として開発が進められていたといわれるプロトタイプカーでした。

 しかし、その後オイルショックなどの影響もあったようで、ついに市販化されなかった幻のモデルです。

 スタイリングは、1960年代後半の世界トレンドを反映し、低く構えたフォルムと、リアを切り落としたような「コーダトロンカ」形状が特徴。また跳ね上げ式のドアも印象的です。

 跳ね上げ式ドアは一般に「ガルウィングドア」と呼ばれますが、実際の形状としてはトヨタ「セラ」やマクラーレン「F1」タイプのような、開けると左右に羽を広げたように見える「バタフライドア」と呼ばれるものです。

 一方で、リアエンジンのフードも跳ね上げ式の機構で開きます。こちらの形状は、前出のガルウィングドアのようになっています。

 これらを同時に開けると4枚のドアが上方へ展開され、壮観な眺めとなります。

 ヘッドライト形状は、1970年当時はリトラクタブルライトだったようですが、その後幾度かの改造が施され、現在はアクリルカバーを備えた固定式ライトに変更されています。

 パワーユニットは、レース用にチューニングされた最高出力250馬力の2ローター式ロータリーエンジンをミッドシップに搭載し、4速MTのトランスミッションを組み合わせています。

 RX500は、世界のモーターショーなどで展示された後、マツダの倉庫で長らく眠っていましたが、数年前に実走可能な状態にフルレストアされ、現在の美しい姿に蘇りました。

※ ※ ※

 幻のプロトタイプカーであるRX500に対し、SNSなどでは様々な声が寄せられていました。

 多かったのは、「夢があるデザイン」「リアセクションのエクステリアデザインと跳ね上げ式のドアがSF感あってかっこよくて好き!」と、その独特で唯一無二なデザインに付いてでした。

 また、「ショーカーにもかかわらず何年経っても関心をもたれ展示されているのがすごい。一度でいいから見てみたい。」といった、通常であれば処分されてしまうことが多いコンセプトカーという種類でありながら愛され続けていることを評価するコメントもありました。

 RX500はそのスタイリングや出生など見る人に衝撃と感動を与える、特別な魅力がある一台であると言えるでしょう。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ「幻のスーパーカー」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー