ホンダが「新型SUV」発表! トヨタ「ハリアー」サイズの「“クーペ”ボディ」採用! 斬新デザインがカッコイイ「e:NS2」中国で予約受付開始へ

ホンダと中国東風汽車の合弁会社「東風ホンダ」は、新型「e:NS2(イーエヌエスツー)」の予約受付を、2024年4月25日に開幕する北京モーターショーを機に始めると同社公式SNSで発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ホンダ新型「SUV」発売へ

 ホンダと中国東風汽車の合弁会社「東風ホンダ」は、クロスオーバーEV(電気自動車)「e:NS2(イーエヌエスツー)」の予約受付を、2024年4月25日に開幕する北京モーターショーを機に始めると同社公式SNSで発表しました。

美麗シルエットがカッコイイ! ホンダ新型「e:NS2」
美麗シルエットがカッコイイ! ホンダ新型「e:NS2」

 新型e:NS2は、ホンダが中国で起ち上げたEV専門サブブランド「e:N」シリーズの第2弾。SUVの機能とセダンの快適性を融合した「新ジャンルのEV」を目指して開発されました。

 第1弾の「e:NS1」はコンパクトSUV「ヴェゼル」ほどのサイズ感で、2022年から中国で販売されています。新型e:NS2はそのe:NS1より大きいミドルクラスのクロスオーバー車。

 シャープなラインを採り入れたクーペライクなスタイリングとなっており、その輪郭をチューブ状のLEDライトで強調することで、「見る人に刺激を与えるエモーショナルな未来感を表現しました」と同社は説明します。

 インテリアはシンプルで先進感にあふれています。インパネは横基調の薄型で、運転席正面にはヘッドアップカラーディスプレイ、中央にはタブレット調の12.8インチディスプレイが備わります。

 フロアがフラットで、センターコンソールが格納式になっているため、運転席と助手席の間の移動がスムーズにできます。

 ボディサイズは全長4788mmX全幅1838mmX全高1570mmと日本で販売されているクルマで言えばトヨタ「ハリアー」ほどのサイズ感。ホイールベース2735mmで、荷室は容量が500リッター、最大幅が1100mmとなっています。

 パワートレインはe:NS1の上級グレードと同じく、最高出力150kW(203hp)のモーターと68.8kWhのバッテリーを組み合わせたもので、航続距離は545kmとなります。

 価格は25日に発表されますが、e:NS1の17万5000元(約375万円)より高くると予想されます。

 ホンダは中国において2027年までに10機種のEVを投入し、2035年までにEV販売比率100%の達成を目指しており、今回の北京モーターショーでe:Nシリーズに続く次世代EV「Ye(イエ)」シリーズ3車種を一般公開します。

 世界的なEV失速が伝えられる中、各社の動向が注目されます。

【画像】超カッコイイ! ホンダ 「新型SUV」を画像で見る(71枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ホイールベース短くてオーバーハングのお化け

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー