六甲アイランド~神戸山手線を直結 阪神高速「5号湾岸線 湊川延伸」が工事進行中! 橋脚ニョキニョキ! 夢の「神戸中心街スルー」どこまで完成した?

阪神高速5号湾岸線を六甲アイランドから湊川までむすぶべく、延伸工事が進められています。どこまで進んだのでしょうか。

六甲アイランドから神戸山手線へ直結「大阪湾岸道路西伸部」

 阪神高速5号湾岸線は、大阪と神戸を臨海部経由でむすび、3号神戸線のバイパスという位置づけとなっています。
 
 しかし、神戸側は途中の六甲アイランドで途切れている状況。これを西へ延伸し、神戸市中心街をまるまるスルーして、西側の湊川までむすぶべく、工事が進められています。どこまで進んだのでしょうか。

阪神高速の5号湾岸線(画像:写真AC)。
阪神高速の5号湾岸線(画像:写真AC)。

 延伸ルートは、六甲アイランドから西進し、ポートアイランド北側と西側を回り込み、海を越えて湊川へ達する延長14.5kmです。

 湊川までつながれば、5号湾岸線が神戸山手線と直結。魚崎・生田川・摩耶といった3号神戸線の渋滞スポットをまるまるスルーして、神戸市西部や明石方面へ抜けられるようになります。3号神戸線も、交通分散によって渋滞緩和となることが期待されます。

 同時に、名神西宮ICからさらに南下して湾岸線へ直結する「名神湾岸連絡線」も事業化済み。名神からやって来た交通流が、湾岸線に移行して神戸西部へ注ぎ込まれる新ネットワークが完成することになります。

 さて、その「湾岸線 湊川延伸」の進捗ですが、3月末現在で、東は六甲アイランド内、西は駒栄ランプと、それぞれ両端側の工事が進んでいる状況。大半を占める海上区間の橋梁部や、ポートアイランド内については、まだ設計段階です。

 六甲アイランド内では、橋脚がニョキニョキと立ち並んでいます。すでに中間部の16本が完成済みで、魚崎側の8本が現在工事中。同時進行で、いよいよ橋桁を架ける段階にも入っています。

 いっぽう、湊川に直結する終端部「駒栄ランプ」の工事は、着々と地下部を中心に建設が進んでいます。ここは地下から橋梁へ駆け上がっていく部分で、地面を掘ってそこにコンクリートのトンネル本体を組み上げていく工事になります。

 ランプ部はいくつかの工区ブロックに分かれていますが、一番進んでいるブロックでは、すでにトンネルの上半分のコンクリートが打ち終わった状況です。他のブロックでも、トンネルの底部コンクリートが打ち終わっていたり、まさに土を掘っていたりと、同時進行で進んでいます。

 まだ設計段階である海上区間では、六甲アイランド~ポートアイランドの海をまたぐ橋について、基本構造が昨年8月に決定しています。高さ約210mにのぼる巨大主塔4本で橋桁を吊るす「斜張橋」となる計画です。

【画像】超便利!? 阪神高速「5号湾岸線 湊川延伸」ルートと工事状況を見る(21枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー