「引っ越し」の後に必要な「クルマの手続き」何がある? 意外と面倒…でも放置すると「罰金」の可能性も!

「引っ越し」後には、転居届など以外に、免許証をはじめとした様々なクルマ関係の書類にも住所変更の手続きが必要です。対応が必要な書類と手続き方法について解説します。

「引っ越し」後には必要な手続きがたくさんある!

「引っ越し」をした場合、転居届を提出するなど、住所が変わったことを申請する手続きが必要です。
 
 その際「免許証」も新しい住所に変更しないといけませんが、どのような手続きをすれば良いのでしょうか。
 
 また、他には一体どんなクルマ関係の手続きが必要なのでしょうか。

引っ越ししたら運転免許証の住所変更が必要
引っ越ししたら運転免許証の住所変更が必要

 引っ越しをして住所が変わった場合、まず「免許証」の住所変更を行わないといけません。

 これは道路交通法第94条で定められており、届け出をしないと「2万円以下の罰金」が科されてしまうことがあります。さらに、次回の免許更新のお知らせが届かず(前の住所に送られてしまう)、うっかり免許を失効してしまう恐れもあります。

 ですので、引っ越しをしたら忘れずに必ず免許証の住所変更を行いましょう。

 さて、免許証の住所変更は「運転免許センター」や「運転免許試験場」で行います。さらにゴールド免許なら、最寄りの警察署で行える場合もあります。

 必要な物は、運転免許証のほか、住民票の写しや個人番号カード、公共料金のお知らせなど“新住所が確認できる書類”です。

 この必要書類はコピーではなく必ず“原本”を用意する必要があり、また発行から6カ月以内でないと受け付けてもらえません。

【画像】「えっ…!」 これがうっかりやりがちな「違反となる行為」です(9枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー