次期型「ステップワゴン」!? ホンダ「新型ミニバン」公開! “窓なし”「丸テール」が斬新すぎる! 新型「スペースハブ」にユーザーの反応は?

ホンダは2024年1月9日から米国で行われた「CES2024」で、「ホンダ0シリーズ」のコンセプトモデル「スペースハブ」を発表しました。とにかくインパクトのあるこの車両について、反響が寄せられています。

めちゃ斬新! 近未来のホンダミニバンは「こうなる」!?

 ホンダは、アメリカのラスベガスで開催された「CES2024」で、2026年から展開予定である「ホンダ0シリーズ」のコンセプトモデルを発表しました。
 
 そのうちの1台が、次世代ミニバンという扱いで作られた「スペースハブ」です。未来的なデザインをしているこの「スペースハブ」。これについて、ユーザーたちの反応を見てみましょう。

これが未来の「ステップワゴン」!? 国内で初披露された「次期型ミニバン」コンセプトのホンダ「スペースハブ」
これが未来の「ステップワゴン」!? 国内で初披露された「次期型ミニバン」コンセプトのホンダ「スペースハブ」

 2050年に全ての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルを目指しているホンダ。その実現のため、2040年までに四輪車のEV・FCEV販売比率をグローバルで100%とする目標を掲げ、電動化に取り組んでいます。

 今回の「ホンダ0シリーズ」は、そういった電動化方針とグローバルブランドスローガン「The Power of Dreams – How we move you.」をまとめたEVシリーズです。

 「0」に込めた思いについては「Hondaの歴史:原点・出発点の“ゼロ”」「グローバルブランドスローガンの実践:“ゼロ”から創った価値で人の心を動かす」「社会に向けた取り組み:“ゼロ”への決意」をあげています。

 EV開発アプローチとしては「Thin, Light, and Wise(薄い、軽い、賢い)」を設定。さらに、そのコアバリューとして(1)共鳴を呼ぶ芸術的なデザイン、(2)安全・安心のAD/ADAS、(3)IoT・コネクテッドによる新たな空間価値、(4)人車一体の操る喜び、(5)高い電費性能 の5つを掲げています。

 今回のスペースハブは、そんな「ホンダ0シリーズ」のコンセプトモデルになります。

 テーマに掲げているのは「人々の暮らしの拡張」。0シリーズ共通のデザイン言語のもと、「Thin, Light, and Wise」の開発アプローチに従って、広々とした空間と見晴らしの良い視界の実現を目指しました。

 外観で特徴的なのはサイドウインドウ。通常、空力やダイナミック、スタンスの良さなどの観点から、寝かせ気味になりますが、スペースハブでは地面と垂直に立ち上がっています。

 これにより室内空間の確保に成功。実際に座ってみた人からは、肩回りの広さはもちろん、隣の人との距離感も十分に確保されていたそうです。

 一方で“箱感”を出さないよう、ボディ側、特にドア周りなどを少し絞り気味にしました。これにより車体デザインに面白みを与えています。

 また、内装のシートは2列目と3列目を対面式にして設置しています。そのシートは楕円で包み込むようなデザインでレイアウトされており、囲まれ感を演出また、2列目から後方を見ると、大型のスクリーンに映った映像を視聴できます。

※ ※ ※

 豪勢で未来的なデザインのスペースハブ。もちろん、あくまでコンセプトモデルですが、目をひかれる強烈なインパクトがあることは間違いありません。

 SNSなどに寄せられるユーザーの反応を見ると「ぶっ飛んだお尻」「斬新すぎる」などと驚く声が多数上がっていました。また、やはり未来的すぎるためか「ジンベイザメみたいなカオ」「エイプリルフールのネタなの!?」と言ったような意見も出ています。

 とはいえ「存在感としてはピカイチ」「ここまで一旦突き抜けると逆に良い」「次期型ステップワゴン!?」といったコメントも見受けられます。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ「斬新ミニバン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー