マツダ新型「3列シートSUV」世界初公開! 日本導入もある “最上級モデル”に「大本命!」と待望の声も! 新型「CX-80」欧州での発表に反響集まる

マツダの欧州部門は2024年4月18日(現地時間)、新型「CX-80」を世界初公開しました。日本でも発売が予定されていることから、早くも多くの反響が集まっています。

マツダ「ラージ商品群」4モデルのラストを飾るSUVが登場

 マツダの欧州部門であるマツダ モーター ヨーロッパは2024年4月18日(現地時間)、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-80(マツダ シーエックス エイティ、以下新型CX-80)」を世界初公開しました。
 
 日本でも発売を予定する新型CX-80に対し、SNSなどでは早くも反響が寄せられています。

内装もゴージャス! マツダから新型「CX-80」初公開!
内装もゴージャス! マツダから新型「CX-80」初公開!

 マツダは2021年10月、「2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画」を発表し、後輪駆動ベースで新開発された新世代アーキテクチャーを用いたラージ商品群4車種の展開を発表してします。

 その詳細については、欧州や日本市場向けに、車幅などを抑えた2列シートSUV「CX-60」と3列シートSUV「CX-80」を用意し、より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場向けには、ワイドボディ2列シートSUV「CX-70」と、ワイドボディ3列シートSUVの「CX-90」をラインナップするという内訳です。

 まず2022年9月には日本でCX-60が、2023年1月に北米でCX-90がそれぞれ発表され、その後2024年1月には第3弾となるCX-70が公開されており、今回発表された新型CX-80が最後の登場となりました。

 新型CX-80の開発テーマは「優雅で心豊かなドライビングSUV(Graceful Driving SUV)」。

 マツダが欧州に初めて導入する3列シートSUVであり、欧州市場における最新かつ最上級のモデルという位置付けです。

 最上級にふさわしい美しく堂々とした存在感、マツダらしい「人馬一体」を磨き上げた圧倒的な走行性能、時代要請に応える環境・安全性能、そして乗員全員が快適に楽しめる懐深い実用性を、妥協なく実現したといいます。

 デザインコンセプトは「Graceful Toughness」で、マツダによるとSUVとしての力強さとともに、優雅な存在感の表現に注力したと説明します。

 また室内は、空間の豊かさと優美さを両立したキャビンの造り込みで、車格に見合ったゆとりを感じさせるデザインを目指しています。

 前述の通り室内レイアウトは3列シートですが、2列目席にバリエーションをもたせました。

 座席間にコンソールがあるセパレートのキャプテンシートを筆頭に、コンソールがなくウォークスルーができるキャプテンシート、3人掛けのベンチシートの3タイプが用意されます。

 欧州仕様のパワートレインは、2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンをベースにしたプラグインハイブリッド「e-SKYACV PHEV」と、3.3リッター直列6気筒ディーゼルエンジンとマイルドハイブリッド「e-SKYACTIV D」の2種類を、仕向け地向けに設定します。

 なお欧州では2024年5月に予約受注を開始し、同年秋の発売を予定しています。

※ ※ ※

 フラッグシップSUVの新型CX-80に対し、早くもSNSなどで多くの反響が集まっています。

 多かったのは「待ってました!」「大本命」「3列シートがイイよね」といった、登場を待ち望む声でした。

 マツダは国内向けに3列シートSUV「CX-8」をラインナップしていましたが、2023年12月に惜しまれつつ生産を終了しており、後継車の登場が期待されていたことがわかります。

 今のところ国内仕様に関する発表はされておらず、今後の情報が待たれるところです。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ「新型CX-80」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー