高速SAの「ゴミ箱いつも満杯」問題に救世主!? 新発想の「自動圧縮ゴミ箱」導入へ ゴミ量も遠隔で分かる「スマートゴミ箱」 高松道

NEXCO西日本は2024年4月18日、同社内で初となる「スマートゴミ箱」を高松道のサービスエリアに導入すると発表しました。いったいどんなゴミ箱なのでしょうか。

ゴミ箱がゴミであふれかえるSA・PAの風景

 NEXCO西日本は2024年4月18日、同社内で初となる「スマートゴミ箱」を高松道のサービスエリアに導入すると発表しました。

 このゴミ箱、いままでのSA・PAにあった悩みを解決してくれそうです。どんなゴミ箱なのでしょうか。

SA・PAのゴミ箱のイメージ(画像:写真AC)。
SA・PAのゴミ箱のイメージ(画像:写真AC)。

 導入されるのは滋賀県の装置メーカー フォーステックが製造する「SmaGO」です。一番の特徴は、ゴミ箱内部のゴミ量を自動的に感知し、中で圧縮するというもの。さらに、ゴミ量を遠隔で把握することができ、満杯になったのがすぐわかる仕組みになっています。

 SA・PAといえば、いつ来てもゴミ箱が満杯でゴミがあふれかえり、突っ込んでも入れられないレベルになっていて、ゴミ箱の上にゴミが置かれ、それすらも一杯になっている風景が日常になっています。

 もちろん定期的にスタッフが回収に来るでしょうが、かさばるゴミによって、わずか数点のゴミ投入であっという間にゴミ箱の容積が埋まるというジレンマがあります。今回の「自動圧縮装置」だけでも、”ゴミ満杯問題”の発生頻度が緩和されることが期待できそうです。

 このゴミ圧縮機能で、一般ゴミの体積は5分の1にまで圧縮可能と言います。

「スマートゴミ箱」が設置されるのは、高松道の豊浜SA(上下線)で、計14台が設置予定。4月26日に運用開始となります。これまで高速道路では、1月に岐阜県の東海北陸道・川島PAに設置された事例があります。

 同社は「ゴミの増えるハイシーズンにおいても休憩施設の美化が保たれるなどの効果が期待されます。導入後は運用状況を確認し、きれいでクリーンな休憩施設の提供を目指すとともに、環境保全、持続可能な社会の実現に貢献してまいります」としています。

【画像】すごい!? これが超発想「ゴミ圧縮ゴミ箱」です(画像)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー