トヨタが「新型3列シートSUV」を世界初公開! “カクカク”ボディがカッコイイ「新型4ランナー」登場 「ランクル250」とどっちがいい? ユーザーの声とは

トヨタ新型「4ランナー」と新型「ランドクルーザー250」はプラットフォームなどを共通する、同レンジの最新モデルです。では、日本のユーザーはどちらが好みなのでしょうか。今回編集部ではアンケートを実施し、SNSユーザーに聞いてみました。

日本発売の「ランクル250」と北米発表の「4ランナー」 どちらが好み?

 トヨタ北米法人は2024年4月9日、新型SUV「4Runner(4ランナー)」を世界初公開し、今秋に発売します。
 
 北米や日本では、同プラットフォームの「ランドクルーザー250」(以下ランクル250・北米名:ランドクルーザー)も展開されますが、2モデルについてユーザーからはさまざまな意見が寄せられました。

トヨタ新型「4ランナー」 「ランクル」 どっちがイイ?
トヨタ新型「4ランナー」 「ランクル」 どっちがイイ?

 4ランナーは、1984年に登場したミッドサイズ3列シートSUVです。日本では4代目までが「ハイラックスサーフ」として、2009年まで販売されました。以後5代目からは海外専用車へと切り替わっています。

 新型4ランナーは、15年ぶりの全面刷新が実施され6代目となりました。新たにTNGA GA-Fプラットフォームを採用したことに加え、パワートレインの一新、内外装デザインの刷新、先進運転支援の強化が図られました。

 一方で、ランクル250は従来の「ランドクルーザープラド(以下プラド)」に変わる新モデルです。

 ポジションとしては従来通り“ライトデューティ”タイプですが、プラドが世代を重ねるごとに豪華路線へとシフトしたことから、ランドクルーザーシリーズ本来のあり方を見直し、デザイン性に加えて、機能や走破性を高めています。

 なお米国では、2021年以来ランドクルーザーシリーズは展開されておらず、このランクル250が本流のランドクルーザーとして販売されます。

 今回登場した新型4ランナーとランクル250は、それぞれ系譜が異なるモデルですが、どちらもTNGA GA-Fプラットフォームを採用したほか、パワートレインも同じものが搭載され、ボディサイズも近く、類似したモデルになっています。

 走行性能面でも、サスペンションの柔軟性を高める「フロント スタビライザー バー ディスコネクトメカニズム(SDM)」や電子式リアデフロック、マルチテレインセレクト、クロールコントロールなど、悪路での走破性能を高める最新の機能が2モデルで採用されました。

 共通項は多くありますが、ランクル250はグレードごとに大きな違いは比較的少なく、いずれのモデルであっても本格オフロード走行に適したモデルであるのに対し、新型4ランナーは9つものバリエーションが用意され、プレミアム志向のタイプとオフロードタイプ、後輪駆動のベースモデルと多彩なラインナップを用意します。

 なお、新型4ランナーはランクル250と異なり、日本国内での展開はアナウンスされていませんが、ハイラックスサーフの系譜であり、しかもランクル250と同格モデルであることから、国内ユーザーからの注目も高いようです。

 では、ランクル250と新型4ランナーではユーザーはどちらが好みなのでしょうか。編集部ではアンケートを実施し、SNSユーザーに聞いてみました。

 結果は新型4ランナーが好みと答えたユーザーが72.7%おり、およそ4人中3人がランクル250より4ランナーのほうが良いと感じていることが分かりました。

 その理由として、「4ランナーの方がスポーティに見えるため」「ボディ上下の薄さがいい」「全体の重心の高さと、フェンダーあたりのゴツゴツ感」「よりオフローダー味が強いと思ったから」とデザイン面を評価するコメントが寄せられました。

 また、「4ランナー、ハイラックスサーフの方が好きだから」「4ランナーはサイドビューや比較抑えられたルーフが歴代ハイラックスサーフの系譜をしっかりと受け継いでいるところが魅力に感じる」と、ハイラックスサーフの根強い人気を示唆する意見もあります。

 一方で、ランクル250のほうが良いとする理由では、「全面のガラスの角度」「窓の大きさ。車高が高い分、解放感のある大きな窓の方が好きなので」といった、実用を重視する意見も見られました。

 なお、新型4ランナーを支持するユーザーの多くが、「購入したい」と回答しており、ハイラックスサーフの後継モデルとしての販売が強く求められているようです。

※ ※ ※

 米国で販売予定の新型4ランナーの価格やスペックなどは現在不明で、秋の発売時期頃に明らかにされると見られます。

 日本仕様のランクル250は2024年4月18日に発売され、価格(消費税込)は520万円から735万円、デビュー記念の特別仕様車「First Edition」は590万円から785万円に設定されています。

【画像】超カッコイイ! これが”ハイラックスサーフ後継”「4ランナー」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー