トヨタ新型「ランクル“ミニ”」登場!? カクカクボディ×マットブラックが超カッコイイ! SUV仕様の新型「ハイラックス“ランガ”」に熱望の声も! 尼で実車展示

トヨタのインドネシア法人は「インドネシア国際商用車エキスポ2024」に新型「ハイラックス ランガ」を実車展示しました。これについて日本ユーザーからも反響が集まっています。

まるでランクルミニ!? 新型「ハイラックス ランガ」に反響

 トヨタのインドネシア法人は、2024年3月7日から10日まで開催された「インドネシア国際商用車エキスポ2024(GIICOMVEC2024)」に出展。ブースでは新型「ハイラックス ランガ」を実車展示しました。
 
 これについて、日本ユーザーから反響が集まっています。

これは欲しい! トヨタ新型「ハイラックス ランガ」
これは欲しい! トヨタ新型「ハイラックス ランガ」

 新型ハイラックス ランガは、日本で新型「IMV-0」として、2023年10月開催の「ジャパンモビリティショー2023」で公開された商用車です。

 IMVは、当時アジア本部長であった現会長の豊田章男氏が指揮をとり、「アジアの人々とともに、アジアの経済に貢献したい」との想いを込めて、現地のエンジニアとともに「現地現物」で開発されたモデル群のこと。

 タイでは、特に「国民車」として人々の暮らしの基盤となっており、この新型IMV-0も”ハイラックス チャンプ“の呼称でいち早く展開が始まりました。

 新型ハイラックス ランガのエクステリアは、角張ったタフなデザイン。インテリアは割り切ったシンプルな造形です。

 ボディはショートホイールベースとロングホイールベースの2種類。ボディサイズは、ショートホイールベース(デッキあり)が、全長4970mm×全幅1785mm×全高1735mmで、ホイールベースは2750mm。

 ロングホイールベースモデル(デッキあり)が、全長5300mm×全幅1785mm×全高1735mmで、ホイールベースは3085mmです。

 パワートレインは、2.0リッターと2.7リッターの直列4気筒ガソリンエンジンの2種類に加え、2.4リッター直列4気筒ディーゼルエンジンもラインナップ。ディーゼルエンジンは最高出力150馬力を発揮します。

 トランスミッションには、2.0リッターには5速MTのみ、2.7リッターには6速ATのみ、2.4リッターディーゼルには5速MTと6速ATが用意されます。

 また新型ハイラックス ランガは、多彩なカスタムができる点も魅力のひとつで、ブースでは通常モデルに加え、架装モデルも展示されていました。

 架装モデルは、ダブルキャブとなるほか後部ボディも追加されるなどSUVの風体をまとっており、角張ったデザインやマットブラックカラーが放つタフな雰囲気は、”ランドクルーザーミニ”と呼ぶのにふさわしいデザインといえます。

 新型ハイラックス ランガについては、まだインドネシアでは発売されておらず、間もなくの登場が予測されます。

 ちなみにタイでの価格は45万9000バーツ(約191万円)から57万7000バーツ(約240万円)です。

 新型ハイラックス ランガの登場に日本ユーザーからは、「面白い!本物を見たいな」「かっこいいなー!」の声のほか、「ほしい」「日本での発売を待ってます」「こういうクルマがほしいんだよなあ」など、日本導入を期待するユーザーの声が多数寄せられていました。

【画像】「えっ…!」これが”ランクルミニ”な新型「ハイラックス ランガ」です!画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー