トヨタが「新ランドスケープ」発売! 685万円のゴツ×アゲな「クロスオーバー」公開! みんなの声は?

トヨタは2024年4月4日に「クラウンクロスオーバー」の特別仕様車「ランドスケープ」を発売しました。

2024年4月から12月までの期間限定生産となる「ランドスケープ」

 トヨタは「クラウンクロスオーバー」に新たな特別仕様車「ランドスケープ」を設定しました。
 
 かねてからコンセプトカーが展示されていたこのオフロードテイストが盛り込まれたランドスケープですが、ユーザーからはどのような反響があるのでしょうか。

ゴツい特別仕様車が設定された
ゴツい特別仕様車が設定された

 アウトドアな世界観を表現したランドスケープ、正式には「CROSSOVER RS “LANDSCAPE”」となるモデルです。

 特徴的な見た目をしており、まず専用外装色「ブラック×アーバンカーキ」が目を引きます。

 さらにランドスケープ専用の「オーバーフェンダーモール」を装着することで存在感たっぷりの力強い張り出し感を付与。

 さらに塗料を塗り重ねつくり出した凹凸があり艶を抑えた質感がワイルドな印象を与えるGORI GORI BLACK塗装を施しています。

 足元では、存在感あるデザインを採用する18インチアルミホイールと全天候に対応するオールテレインタイヤを装着。

 さらに泥や小石の跳ね上がりからボディを守る王冠マーク入りのレッドマッドガードや、視界不良時の被視認性を高めるリアフォグランプも採用されています。

 その他、キャリアで荷物を運ぶのにかかせないトーイングヒッチも備わり、ここにもキャップに王冠マーク刻印を付与。

 極めつけは、サスペンションのチューニングにより、最低地上高約25mmアップさせ、より堂々と迫力のある佇まとなっています。

 25mmアップすることで悪路でもボディに障害物が当たりにくく、前方視界の向上にも寄与。まさにクロスオーバーの中のクロスオーバーと言えます。

 内装では、特別設定内装色にブラックラスターを採用する他、ダッシュボードには印象的なエンブレムとしてランドスケープのロゴを刻印。

 その他、従来のクラウンクロスオーバーオーナーも注目するのがリアシートを60/40分割可倒式に変更していることです。

 これにより、後席に人を乗せながら長物を積載することが可能となっています。

 このようにアウトドア×オフロードの世界観を盛り込んだランドスケープですが、ユーザーはどのような印象を持ったのでしょうか。

 今回くるまのニュースではアンケートを実施しました。

 まず「ランドスケープをカッコいいと思いますか?」という質問では、以下のような回答となっています。

ーーー
 ・超カッコいい:15.8%
 ・カッコいい:36.8%
 ・普通:10.5%
 ・あまりかっこよくない:10.5
 ・かっこよくない:26.3%
ーーー

 また「ランドスケープのどんなトコが魅力的ですか?」という質問では、「最低地上高約25mmアップ」が最も多い結果に。

 続いて「60/40分割可倒式リアシート」や「オフロードテイストのデザイン」、「フェンダーやマッドガードなどの機能パーツ」となりました。

※ ※ ※

 元々ランドスケープは、東京オートサロン2023でクラウンの新たな可能性を模索するためのコンセプトカーとして展示されました。

 その際にトヨタは「いつか市販化も検討したい」と話していたことが今回現実となったことになります。

 なおランドスケープの価格は685万円となり、期間限定生産で2024年12月をもって生産終了となることが予告されています。

【画像】「えっ…!」これが「新型クラウン」画像を見る!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー