アンダー400万円!? ホンダ新型「350馬力 5.0リッター”VTEC”」実機公開に反響多数! 精悍グリル風デザインの「BF350」登場

横浜市で開催されたイベントで、ホンダは同社最大級となる新型船外機「BF350」を実機展示しました。フラッグシップモデルとなるその機体に反響が集まっています。

シリーズ最上級モデルが登場

 横浜市で2024年3月21日から開催された「ジャパンインターナショナルボートショー2024」。
 
 ホンダはこのイベントで、同社最大級の新型船外機「BF350」を実機展示。そのスペックに反響が集まっています。いったいどんな船外機で、どんな声があるのでしょうか。

ホンダの新型フラッグシップモデル「BF350」
ホンダの新型フラッグシップモデル「BF350」

「BF350」は2月23日発売となったばかりの新型船外機です。

 ボディサイズは、全長1120mm×全幅650mm×全高2145-2272mmです。

 搭載されたエンジンは、VTEC5.0リッターV型8気筒で、最大出力約350馬力を発揮します。もともと4ストローク船外機「BFシリーズ」は高い動力性能や優れた経済性を誇っていましたが、そのなかでも今回の新型は最大出力モデルに躍り出ています。

 特徴は「豊かなトルクからもたらされる高い走破性」と同社も胸を張るほか、新設計のクランクシャフトにより、高い静粛性・低振動が実現したといいます。いっぽうで燃費性能に関してもクラストップレベルとなっています。

 さらに「クルーズコントロール機能」を搭載し、一定の速度や回転数を保って進行が可能。さらに、船体に対する船外機の傾き具合であるトリム角度も、新機能「トリムサポート機能」によって自動調整が可能に。係留の際にありがたい「オートマチックチルト機能」もあります。これらの「操船サポート機能」が充実していることも、ドライバーにとってスムーズな操作が嬉しい仕様です。

 外装デザインは「Noble Motion Form」デザインを採用し、新たなフラッグシップモデルとしての高級感が表現されています。従来機のイメージを引き継いで、自然との一体感やシンプルかつクリーン、しかしそれでいて上質感を兼ね備えたフォルムとしています。

 カラーラインナップは「アクアマリンシルバーメタリック」「グランプリホワイト」の2色を展開。

 販売価格(消費税込み)は、390万5000円~399万3000円となっています。

 ※ ※ ※

 従来モデルを上回るハイスペックで新たなフラッグシップモデルとなった「BF350」に対し、ネット上では様々な反響があります。

 まずは「超かっこいい!!!」「車に載せろ!」「車でだしてよー」「車に流用できるんじゃね?」など、興奮の声とともに、自動車への展開を期待する声も多く見られます。

 また、ホンダのリリースには、このBF350をなんと「2基搭載」し海面を力走する画像が公開されています。この光景に対して「350馬力船外機の2基掛けは男のロマンが溢れてる。アメリカで300馬力3基掛けを操縦したけど、プレーニングが半端じゃなかった。世界の何ヶ所かでボートに乗ったが、何処の桟橋でも日本の船外機ばかり見た。自動車と同様に日本の船外機って優秀なんだよね」と思いを語る人もいました。

【画像】超カッコいい!? ホンダ新型VTECエンジン搭載「BF350」の実物展示を見る(写真)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 車とは?:車輪がついていてそれが回転する荷車や乗り物類。(Wikipedia)
    タイトル釣り(船外機だけに)するのは、い~加減にしてもらえませんかねぇ。

  2. 見事に釣られた。

    何で車ニュースなのに船?
    タイトル詐欺?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー