トヨタが“ゴリゴリ”すぎる新型「クラウン」お披露目! 車高ガチ上げ「本格オフロード仕様」に採用された斬新「ゴリゴリブラック塗装」とは

トヨタが2024年4月4日に発売した、高級SUV「クラウンクロスオーバー」の特別仕様車には、「ゴリゴリブラック」と名付けられたユニークな塗装が施されます。一体どのような塗装なのでしょうか。

トヨタがクラウンを「ゴリゴリ」にカスタム!?

 トヨタは2024年4月4日、高級SUV「クラウンクロスオーバー」の改良モデルを発表するとともに、特別仕様車「RS“LANDSCAPE”(RSランドスケープ)」を設定し販売を開始しました。
 
 この特別仕様車は、クラウンシリーズとしては異例といえるほどオフロードイメージを強調した遊び心のあるモデルですが、同車のホイールアーチに装着されるオーバーフェンダーに施されるユニークな塗装「GORI GORI BLACK(ゴリゴリブラック)塗装」にも注目が集まっています。

トヨタがクラウンを「ゴリゴリ」にカスタム!?
トヨタがクラウンを「ゴリゴリ」にカスタム!?

 トヨタの伝統的なモデルである「クラウン」は現在16代目にあたり、従来の「セダン」タイプに加えて「エステート」「クロスオーバー」「スポーツ」が新たにラインナップされました。

 今回、特別仕様車の発表があったのは、2022年9月に世界初公開されたクラウンクロスオーバー。

 同車は4ドアセダンとSUVを融合させた新しいボディスタイルを採用したモデルで、セダンならではの上質な雰囲気を残しつつも車高を上げたクーペSUVのようなプロポーションが特徴です。

 搭載するパワーユニットは、2.4リッターターボエンジンと新世代ハイブリッドを組み合わせる「デュアルブーストハイブリッドシステム」と、2.5リッターエンジンとハイブリッドを組み合わせる「シリーズパラレルハイブリッドシステム」の2タイプを用意しています。

 そんなクラウンクロスオーバーに設定されたRSランドスケープは、高級車である同車をメーカー自身がカスタムし、かつてなくタフなイメージへと仕立て上げた、遊び心溢れる特別仕様車です。

 そのエクステリアには、通常モデルに存在しない専用のブラック×アーバンカーキを用意し、ウインドウモールやドアハンドル、エンブレム類はブラックアウト化。

 足回りは、全高を25mmアップさせた専用サスペンションを装着して低地上高を145mmから172mmへと引き上げ、同時に切削光輝加工を施した専用デザインの18インチアルミホイールとオールテレインタイヤを装備し、悪路での走破性能を高めています。

 さらに、泥や小石の跳ね上がりからボディを守る王冠マーク入りの「マッドガード」、標準モデルには設定されていない60:40可倒分割式のリアシートを採用したほか、ルーフに装着し最大40kgの荷物を積載できる専用の「システムキャリア・ベースラック」もオプション設定。実用性とファッション性を高レベルで両立しました。

 そんなRSランドスケープにおいてとくに注目したいユニークな専用アイテムが、片側20mm、左右両側で全幅を40mm広げる存在感たっぷりの専用「オーバーフェンダーモール」です。

 同品には、職人がその手で丁寧に塗り上げる“ゴリゴリブラック塗装”という名の特殊な塗装が施され、凹凸のある独特な質感を表現。

 この塗装は、ミドルサイズSUV「RAV4」の特別仕様車「Adventure “OFFROAD package ll”」にも採用されたもので、塗り重ねられた塗料によって“こすり傷”への強い耐性を持つほか、力強い張り出しにマットな艶感が合わさってワイルドな印象の演出にも一役買っています。

 また、手仕事で作られるため、凹凸の形状や艶感が一品一品異なるところも魅力的なポイント。

 長く使い込むほどに、RSランドスケープが自分だけの一台となり、愛着がより強まることが期待できるでしょう。

※ ※ ※

 このクラウンクロスオーバーの特別仕様車RS“LANDSCAPE”(RSランドスケープ)の価格(消費税込)は、685万円から。

 同車にしか無い専用の装備や独特の魅力を備えた極めてユニークなモデルですので、実用性や快適性を備えつつ強い個性のあるクルマを求めているユーザーにはピッタリな一台となるでしょう。

【画像】これはカッコいい! これがオフロード専用「新型クラウン」です!(36枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. またいつもの「ショップによるカスタム」を新型扱いしているのかと思った

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー