スズキが新型「ジムニー」発売! “6年目の刷新”で何が進化した!? カクカクSUV人気続く… 165万円から

スズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」の改良モデルが発売されました。どのような点が進化したのでしょうか。

人気の「本格四駆」安全性が向上!

 スズキの本格四駆「ジムニー/ジムニーシエラ」が一部改良し、2024年4月11日に発売されました。
 
 軽四駆のジムニーと小型四駆のジムニー シエラは、コンパクトなボディに伝統のラダーフレームを採用して本格的なオフロード性能を備えるオフローダーとして支持されています。

スズキ「ジムニー」一部改良モデル発売
スズキ「ジムニー」一部改良モデル発売

 現行モデルは2018年7月にフルモデルチェンジした4代目。外観には丸目ヘッドライトや5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードを採用するなど、歴代モデルのアイコンを取り入れました。

 内装は、水平基調で力強い基本骨格のインストルメントパネルや、ドアミラー付近の視界を拡大する形状のベルトラインを採用することで、運転のしやすさや各部の操作性にこだわっています。

 さらに、「ラダーフレーム」や「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」というジムニー伝統の構成を継承しました。

 今回の一部改良では法規に対応する変更が実施され、リアパンパー(テールランプ下)にパーキングセンサーを装着し、後退時の安全性が向上しています。

 また、車両本体価格とメーカーオプションの価格を改定。仕様変更や原材料価格の高騰などの理由により10万円ほどの値上げが実施され、ジムニーの価格幅は165万4400円から200万2000円、ジムニーシエラは196万2400円から218万3500円となりました。

 なお、メーカーオプションの価格は、ピュアホワイトパール塗装車が2万7500円、ブラック2トーンルーフ仕様車が4万9500円、ブラックトップ2トーン仕様車(ジムニーのみ受注生産)が7万7000円です。

※ ※ ※

 ジムニー/ジムニーシエラの改良についてSNSでは、「リアのパーキングセンサー追加は結構待望だったりする」「バックセンサー付きはありがたい」など、安全性向上を歓迎するコメントが見受けられました。

 一方で、「パーキングセンサーがつくとバンパー変更とかリフトアップのカスタムに色々制限かかりそう」「クロカン車ならぶつけそうな所にどうして…という気持ち」など、カスタムや破損を懸念する人もいるようです。

 また値上げに関しても、「パーキングセンサー追加と材料費高騰は仕方ないのか」「10万値上げかぁ。センサーいらないなぁ」と、価格アップを嘆くコメントも寄せられました。

【画像】「えっ…!」これが新しい「ジムニー」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー