“V8”システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」公開! ド迫力の超ベタベタ仕様! ガンメタボディもカッコイイ「特殊仕様」とは

サスペンションメーカーの「ティーディメンド」がトヨタ最新型「ヴェルファイア」のローダウンモデルを2024年2月10日から12日の3日間で開催されたイベント「大阪オートメッセ」で展示しました。同車には、トランク内に埋め込み式の「V8 SYSTEM」を新たに開発し搭載したといいます。

V8システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」!

 サスペンションなど足回りパーツの設計・製造・販売を行う「ティーディメンド」はトヨタ最新型「ヴェルファイア」のローダウンモデルを2024年2月10日から12日の3日間で開催されたイベント「大阪オートメッセ」で展示しました。

V8システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」(Photo:T-DEMAND)
V8システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」(Photo:T-DEMAND)

 アルファードは、2002年に高級志向のユーザーに向けた「トヨタの最高級ミニバン」として誕生。2008年にはフルモデルチェンジを迎え、アルファードが2代目に進化すると同時に、より個性を求めるユーザー向けに、兄弟車となる初代“ヴェルファイア”が登場しました。

 現行モデルは、2023年6月のフルモデルチェンジで、アルファードとしては4代目、ヴェルファイアとしては3代目となったモデル。

 新型アルファード/ヴェルファイアでは、「性能を世界基準に昇華させる」を開発テーマに定め、プラットフォームを刷新、TNGAプラットフォーム(GA-K)をミニバン用に最適化し採用しています。

 また、“高級サルーン”として、振動・騒音対策、燃費や走りといった基本性能を向上させながら、内・外装デザイン、ゆとりの室内空間、使い勝手といった商品性の面で開発テーマにふさわしい価値を持たせるべく様々な改良が行なわれています。

 さらに、アルファードとヴェルファイアの個性をさらに明確化。ヴェルファイアのガソリンエンジンモデルには、高出力の2.4リッター直列4気筒ターボエンジンを採用するほか、ラジエターサポートとサイドメンバーを繋ぐ専用のボディ剛性部品を追加するなど、デザイン面にとどまらず走りの面でも“ヴェルファイア”にふさわしい個性が付与されています。

 そんな最新型ヴェルファイアのローダウンモデルを福井県に本拠を置くティーディメンドは、「大阪オートメッセ」で展示しました

 ティーディメンドは、最新型ヴェルファイアをただローダウンさせただけでなく、フルアームやエアサスを組み込むことで、実際にしっかりと走行が可能な状態としたといいます。

 また、マットなガンメタのラッピングを施し、迫力ある印象を高めています。

 さらに、今回のデモカーには、「HARD LINE TRUNK BASE V8 SYSTEM」と名付けられたハイトセンサータイプのトランク埋込式エアーマネージメントシステムが搭載されています。

※ ※ ※

 ティーディメンドでは、足回りカスタムパーツとして、フロントロアアームやタイロッドエンド、ダンパーストロークアームキット、ドライブシャフトスペーサーなどからなるPRO ARM FULL、ベースキットとなるPRO DAMPER AIRSUS 80S、ブレーキシステムSUPER SLIM6など様々なパーツを扱っています。

 これらのパーツはすべて個別に販売されており、ユーザーの要望に合わせて“どこまで仕上げるか”を選択できるとのことです。

【画像】超カッコイイ! V8システム搭載のトヨタ最新型「ヴェルファイア」を画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー