レクサス“新”「小さな高級車」発表! 斬新「2トーン」に大型ディスプレイ新設定! 加速性能アップの「新型UX」独で登場

レクサスのコンパクトSUV「UX」の改良モデルがドイツで発表されました。どのようなモデルになったのでしょうか。

走りやデザインが一新した“新”UX

 レクサスのドイツ法人は2024年4月8日、「UX」の改良モデルを発表しました。
 
 UXのボディサイズは全長4495mm×全幅1840mm×全高1540mmと、レクサスのSUVでは小型の部類に入り、2023年12月に発売された新型「LBX」の次にコンパクトなモデルとしてラインナップされます。

個性的な2トーンカラーを採用した「UX」(ドイツ仕様)
個性的な2トーンカラーを採用した「UX」(ドイツ仕様)

 今回ドイツで発表された改良ではハイブリッドシステムが刷新され、新型「UX300h」は最高出力199馬力へとパワーアップ。従来型の「UX250h」よりも8%の出力向上を実現しました。

 また、「Fスポーツ」「ラグジュアリーライン」は、2リッターガソリンエンジンに2つの電気モーター、強化されたE-Four(四輪駆動システム)を組み合わせており、リアアクスルには7馬力のインダクションモーターに代わり、41馬力の永久磁石モーターを採用。

 従来のニッケル水素バッテリーに代わって60セル、222ボルトのリチウムイオンバッテリーが搭載されます。

 その結果、レスポンスがよりダイレクトになって加速性能が向上。フロントアクスルとリアアクスル間のトルク配分をよりダイナミックにすることでドライビングの楽しさと安全性を高め、高速カーブでのボディのロールの低減や、急減速時の安定性、ボディ剛性も向上しました。

 外装では、エクステリアカラーに新色の「コッパーレッド」を採用。また、「Fスポーツ/Fスポーツ デザイン」では、AピラーからCピラーまでブラックに塗装された、個性的な2トーンカラーが新たに加わります。

 内装も改良され、エントリーグレードでは改良された8インチマルチインフォメーションディスプレイを採用、「エグゼクティブライン」以上ではフルデジタルディスプレイが12.3インチに拡大されました。

 さらに、新色ペルガモンホワイトの内装色に加え、ファブリックまたはタハラ製フェイクレザーシート、シフトノブとステアリングにレザーを施した「インテリアパッケージ」も選択することができます。

 また、ドライバーモニターが搭載され、ステアリングコラムに設置されたカメラによって運転手の状態を監視。運転手が意識を失うなどの緊急事態に陥った時には緊急ブレーキが作動し、車両は制御された状態で停止。ハザードランプが点灯して周囲の道路利用者に知らせます。

 運転支援システムは最新の「Lexus Safety System+」を採用。市街地での低速走行時に道路を横断する歩行者や駐車中の車両、自転車などを検知する「プロアクティブ・ドライブ・アシスト」や、後方から接近してくる車両などとの衝突が間近に迫った場合、ドアのロックが解除されないようにする「セーフ・エグジット・アシスト」などが備わります。

【画像】「えっ…!」これが斬新2トーンの「レクサスSUV」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 海外発売して日本は?って車が増えた気がする、、、

  2. 斬新2トーン?
    そこは超オシャ2トーンじゃないの?

  3. 日本のUX300hと何がちがうの?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー