スバルが「新型SUV」実車公開! 6年ぶり「全面刷新」でタフ顔&上質内装に大変貌!? 新ハイブリッドも搭載予定の「フォレスター」NYに登場

スバル北米法人は、2024年3月29日から4月7日まで開催の「ニューヨーク国際オートショー」で「フォレスター」の新型モデルを披露しました。一体どのようなクルマなのでしょうか。

6年ぶりのフルモデルチェンジ

 スバル北米法人は、2024年3月29日から4月7日まで開催の「ニューヨーク国際オートショー」で「フォレスター」の新型モデルを展示しています。
 
 6代目フォレスターは、まだ日本では展開されていないモデルですが、一体どのようなクルマなのでしょうか。

6代目となったスバル新型「フォレスター」
6代目となったスバル新型「フォレスター」

 フォレスターは、初代モデルが1997年に誕生したミドルサイズSUVです。米国では累計260万台以上を販売しており、スバルのグローバルな中核車種に成長しています。

 今回公開された新型フォレスターは、昨年11月に発表された6年ぶりの全面刷新を迎えた、6代目モデルとなります。「ロサンゼルスオートショー2023」で世界初公開となり、世間を賑わせました。

 この6代目フォレスターは、優れた運動性能や先進的な安全装備、使い勝手の良いユーティリティなど、機能性と実用性をパワーアップ。初代からの「日常から非日常まで使える」SUVというコンセプトを受け継ぎ、ますますの進化を果たしました。

 外観は、頑丈さが伝わる存在感の高いデザインで、大胆な大型グリルは上部のラインがヘッドランプと繋がる特徴的な造形です。

 リヤビューは、リヤゲートの傾斜を抑えることでキャビンと荷室の空間の広さを主張。左右のテールライトは横一文字型に繋がる形状で、昨今のトレンドに則りつつワイド感を強調しました。

 内装はインパネやシフト周りを中心に、SUVらしい頑丈さと安心感を表現。機能を集約させた11.6インチセンターインフォメーションディスプレイをインテリアの中央に配置し、実用性と利便性を高めています。

 パワーユニットは2.5リッター水平対向4気筒エンジンに、四輪の駆動力の制御を最適化したAWDの組み合わせ。最高出力180馬力・最大トルク178lb-ftを発揮します。

 さらに走行環境によって最適な制御を行う「X-MODE」が採用され、2ピニオン電動パワーステアリングや電動ブレーキブースター、そしてフルインナーフレーム構造のボディとなっています。

 さらに来年には、次世代ハイブリッドシステムを搭載した「フォレスター ハイブリッド」も追って投入される予定となっています。

 アルミホイールは19インチで、リヤバンパー下に足を入れて自動開閉するバックドア、さらに開閉式のパノラミック・ムーンルーフなどのエッセンスもあります。

 安全性能では、ステレオカメラと単眼広角カメラを併用する「3眼式」のアイサイトを新採用。プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大し、歴代で最高の性能を実現しました。

 米国市場における導入予定は、2024年春以降となっています。なお、新型6代目「フォレスター」の日本展開は、今のところ明らかになっていません。

 ※ ※ ※

 ニューヨーク国際オートショー2024では、スバルはフォレスター以外にも「レガシィ」など様々な車両を展示していました。

【画像】えっ…!? これが新世代の「フォレスター」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 特段、目新しいデザインも無いけど

    スバルらしいオーソドックスな良い意味で、

    若い人のよく言う「フツーに良い(笑)」デザ

    インなんやな😲

    スバルは、TOYOTAやHONDAに比べると

    内装が貧弱やったから、今回の新型フォレス

    ターは、良いんとちゃうかな🤔

  2. TOYOTAにTHSを供給して貰う最初のモデルね。いいんじゃないの。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー