スズキが新型「ジムニー」4月11日発売! 約2年ぶり刷新!? 何が変わった? カクカクSUV人気続く… 直前反響は? 165万円から

スズキは2024年2月19日にジムニー/ジムニーシエラの一部仕様変更を発表しました。どのような部分が変わり、発売前の販売店にはどのような声が届いているのでしょうか。

人気続くスズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」 何が変わった?

 2024年4月11日に発売されるスズキの新型「ジムニー」新型「ジムニーシエラ」。
 
 どのような部分が変わり、発売前の販売店にはどのような声が届いているのでしょうか。

スズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部改良モデル発売へ
スズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部改良モデル発売へ

 スズキは2024年2月19日にジムニー/ジムニーシエラの一部仕様変更を発表しました。

 現行モデルは、2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジを遂げました。

 スクエアなデザインに加えて、当時人気が高まっていたアウトドアブームなどもあり、それまでの仕事や趣味で使う層以外にも一般層、とくに若年層から女性層まで幅広く支持されています。

 そうした人気故に発売当時から超納期が問題となっており、一時はオーダーから納車まで2年ほどというケースも存在していました。

 現在でも約1年ほどの納期があるようですが、そうした中での一部仕様変更では何が変わったのでしょうか。

 実は現行モデルは、2018年の登場以降2度の仕様変更を行っています。

 1度目は2021年9月にスズキ セーフティ サポート非装着車に「オートライトシステム」、4速AT車に「停車時アイドリングストップシステム」を採用。ジムニーでは「スペアタイヤロアカバー」も追加されています。

 2度目は2022年6月に5速MT車に「アイドリングストップ機能」と「アイドリングストップ機能のON/OFF」を行うスイッチを追加することで燃費性能の改善を図りました。

 そして約2年ぶりとなる3度目今回、スズキは「法規対応に伴う一部仕様変更」と発表しています。

 主な内容は「リアパーキングセンサー」を搭載した他、メーター内に障害物検知を知らせる機能が追加されました。

 このパーキングセンサーは、2021年6月に法改正した「車両保安基準」に対応したもので「後退時車両直後確認装置の取り付け」が義務づけられました。

 なおジムニー/ジムニーシエラは、前述の仕様変更の度に価格改定が行われており、2018年から現在までに約20万円高の改定となっています。

 そんな現在モデルですが、2月19日の発表から4月11日までの発売までにどのような声が販売店に寄せられているのでしょうか。

 首都圏のスズキアリーナ店では次のように話しています。

「ジムニーは元々問合せが多いモデルです。そのため今回の発表で極端に問合せが増えたという印象はあまりありません。

 しかし、仕様変更がどの範囲なのかという問合せは増えています。また価格改定については安全支援面などの機能が追加されるため、そこまで否定的な声は頂いていません。

 逆にリアパーキングセンサーが付いて嬉しいという声を頂いています」

 関西圏のスズキアリーナ店では次のように話しています。

「4月の発売前からお問合せはそれなりに頂いています。

 元々人気があるクルマですので、使い勝手が向上するパーキングセンサーに対しての反響は上々です。

 しかしながら、納期は依然長いことから、そのあたりに対する反響は頂いています」

※ ※ ※

 まもなく正式発売となるジムニー/ジムニーシエラ。登場から6年経った現在でもその人気は変わらず高いようです。

【画像】「えっ…!」これが新「ジムニー」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー