1000万円超え!? 新型「小さな高級車」公開! 400馬力超え“直4ターボ”も用意!? 内装も超オシャレな「GLA」発売

メルセデス・ベンツ日本は2024年3月28日、新型「GLA180 BSG搭載モデル」と新型「メルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+」を発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

1000万円超えの新型「小さな高級車」誕生

 メルセデス・ベンツ日本は2024年3月28日、コンパクトSUV「GLA」シリーズの追加モデルとなる「GLA180 BSG搭載モデル」と「メルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+」を発売しました。

これはカッコイイ! 新型「GLA 45 S 4MATIC+ 」
これはカッコイイ! 新型「GLA 45 S 4MATIC+ 」

 GLAは、メルセデス・ベンツ最小(全長4415mm×全幅1835mm×全高1620mmほど)のSUVです。2014年に初代がデビュー、2020年に2代目となり、今に至っています。

 今回発表のGLA180 BSG搭載モデルは、従来からランナップされているGLA180をベースとした48Vマイルドハイブリッド車と思っていいでしょう。

 1.4リッター直4ターボエンジン(最高出力136PS/最大トルク230Nm)+7速ATのパワートレインに、モーター機能を持たせた発電機「BSG」(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)と電圧48Vの小型リチウムイオン電池を組み合わせています。

 BSGは最高出力10PS、最大トルク58Nmを発生し、主に出足をアシストすることで加速をより滑らかにするとともに、燃費を改善。

 WLTCモードはベース車(GLA180)よりリッター0.9km向上のリッター14.9kmです。価格はベース車より11万円安い588万円です。

 メルセデスAMG GLA 45 S 4MATIC+は、従来の「メルセデスAMG GLA 35 4MATIC(BSG搭載モデル)」よりさらに高性能なスポーティ仕様です。

 パワートレインはGLA 35 4MATICと同じ2リッター直4ターボエンジン+8速DCTとしながら、最高出力は115PS増の421PS、最大トルクは100Nm増の500Nmを発生します。

 ハイパワー化に加えて、四輪駆動の制御をより緻密にすることで、ダイナミックな走りと安定感を高次元で両立しています。

 外観では専用エンブレムのほか、赤いブレーキキャリパー、1インチアップとなる21インチのブラックアルミホイール、デュアルマフラーが識別ポイントとなっています。価格は1032万円です。

メルセデス・ベンツ・GLAクラス のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! "1000万円超え"の新型「小さな高級車」を画像で見る(39枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー