トヨタの「2人乗りヤリス」が凄い! 荷物載りまくる「ピックアップ」公開済み!? 市販化も期待したい… 「えっウソ?」

トヨタ「ヤリス アドベンチャー」というモデルがかつてありました。どのようなモデルなのでしょうか。

 米国トヨタは過去に「ヤリス アドベンチャー」というモデルをお披露目しました。
 
 どのようなモデルなのでしょうか。

まさかのエイプリルフールネタ! トヨタ「ヤリス アドベンチャー」とは
まさかのエイプリルフールネタ! トヨタ「ヤリス アドベンチャー」とは

 毎年4月1日はエイプリルフールとして「ウソをついても良い日」として世界的に認知されており、企業や団体がエイプリルフールネタを発表し、度々話題となります。

 米国トヨタが「ニューヨークモーターショー2019」にてお披露目したヤリス アドベンチャーもそのひとつです。

 これは当時、米国で販売されていて北米ヤリスをベースにピックアップトラック化したもの。

 なお当時の北米ヤリスは、マツダ「マツダ2」のOME車となっていました。

 見た目はフロントこそ北米ヤリスですが、リア部分を完全にピックアップトラックのような造形となっています。

 ノーマルのヤリスは5人乗りですが、このヤリス アドベンチャーの乗車人数は2名。運転席・助手席の後方には収納スペースが存在するものでした。

 1.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンに6速ATを組み合わせたパワートレインを搭載しています。

※ ※ ※

 また同じく2019年にはオーストラリアトヨタもエイプリルフールネタとして「ハイエース」をベースにした「ハイエースコンバーチブル」をお披露目。

 これは屋根が無い世界初のハイエースだと言い、2人乗りのロングホイールベース(LWB)、スーパーロングホイールベース(SLWB)、5人乗りのLWBクルーバン、12人乗りのSLWBコミューターバスなど複数の仕様を用意すると明かしていました。

 さらにはオプションで「パイエース」と呼ばれるパイ用のビルトインオーブンも設定するなど、オーストラリア人の大好物であるミートパイがいつでも食べられる仕様となってます。

 一方、最近ではトヨタが水素エンジンを搭載したモデルを複数開発し、モータースポーツや商用利用で市販化を目指しています

 こうしたことからも、今後はエイプリルフールネタを超える凄い技術が市販化されていくことでしょう。 

【画像】「えっ…!」これが斬新ヤリスです。画像を見る!(10枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 相変わらず、ナマズ顔がダサい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー