いすゞ新型「D-MAX」初公開! 全長5mボディ&精悍グリルの“超エコ”仕様!? 新たな「マイルドモデル」泰で登場

2024年3月19日、いすゞ自動車のタイ法人は、簡易型(マイルド)ハイブリッドシステムを搭載するピックアップトラック「D-MAX MHEV」の試作モデルを初公開しました。どのようなものなのでしょうか。

いすゞ「D-MAX」にMHEV仕様も登場か

 2024年3月19日、いすゞ自動車のタイ法人は、簡易型(マイルド)ハイブリッドシステムを搭載するピックアップトラック「D-MAX MHEV」の試作モデルを初公開しました。

MHEVも用意するのか! いすゞ「D-MAX MHEV」
MHEVも用意するのか! いすゞ「D-MAX MHEV」

 D-MAXは、2002年の初代デビュー以来、アジア、欧州、中東、アフリカ、中南米、オセアニアなど100か国以上の国と地域で販売されているグローバル戦略車です。

 特にピックアップトラック需要の高いタイは、いすゞにとって重要な市場であり、D-MAXの生産・輸出拠点にもなっています。

 現在、D-MAXに搭載されているパワーユニットは1.9リッターまたは3.0リッターの4気筒ディーゼルエンジンです。

 今回公開されたMHEVは、前者の1.9リッター4気筒ディーゼルエンジンをベースに、小型電動モーターと48Vバッテリーを組み合わせたもの。出力の数値は明らかにされていませんが、コストを抑えながら燃費を改善できるとしています。

 エクステリアデザインは基本的に従来モデルと同じで、ボディサイズは全長5280mm×全幅1870m×全高1790mm、ホイールベース3125mmとなっています。

 同日、同社はD-MAXのBEV(バッテリー式電気自動車)を27日に開幕するバンコク国際モーターショーで一般向けに世界初公開し、2025年にノルウェーをはじめとする欧州の一部から販売を開始すると発表しました。

 MHEVの発売については「市場調査を通じて今後決めていく」としていますが、早ければ2024年内に市場に導入される見通しです。

 タイは急激なモータリゼーションの進展にともなって自動車の排ガスによる大気汚染が問題になっており、対策が急務になっています。タイ政府は2030年までに国内自動車生産に占めるEVの割合を3割に引き上げ、ASEANのEV生産ハブになることを目指しています。

 同社は従来のディーゼルエンジンに加えてMHEVとEVをそろえることで、多様化する顧客の需要を取り込む考えです。

【画像】超カッコイイ! ”マイルドな”いすゞ新型「D-MAX」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー