前走車の「エンジンブレーキ」は“ウザい”? AT全盛で知らない人多い!? 逆に「エンブレ」使わない方が危険なワケ

「エンジンブレーキ」を使って減速する場合、ブレーキランプは点灯しません。それを「ウザい」と感じる人がいることがSNSで話題になりました。エンジンブレーキのメリット・デメリットとはどのようなことなのでしょうか。

AT車全盛で“エンブレ”の重要性が忘れられている?

 走行中に減速したい場合、「フットブレーキ」だけでなく、ギアを落として「エンジンブレーキ」を使用する人も多いでしょう。
 
 ただエンジンブレーキで減速するとブレーキランプは点灯せず、これが一部の人からは「ウザい」と感じられるとSNSで賛否両論が飛び交う事態になりました。
 
 では、エンジンブレーキを使うメリットやデメリットとは、どのようなことなのでしょうか。教習所の元指導員I氏に聞いてみました。

MT車では「エンブレ」を使って減速することが多い
MT車では「エンブレ」を使って減速することが多い

 エンジンブレーキはクルマの速度を調整する方法のひとつで、エンジンの回転を落として減速する仕組みで、アクセルを離したり、ギアを1段落として減速効果を得ることです。

 使った記憶がない人でも、上り勾配になればアクセルを踏み込み、下り勾配になればアクセルを緩めるという操作をおこなっていると思いますが、これは無意識にエンジンブレーキを活用しているといえます。

 AT車(オートマチックトランスミッション)では、MT車(マニュアルトランスミッション)ほどアクセルワークだけでエンジンブレーキが体感できないことから、新車で販売されるクルマの9割以上がAT車となった現在、エンジンブレーキの存在が忘れられているようです。

 しかしエンジンブレーキの使用は、クルマやドライバーにとってもメリットのほうが圧倒的に多いといいます。元指導員という経歴を持つI氏も、指導員時代はエンジンブレーキのメリットを何度も説明してきたと話します。

「技術の進化と運転の簡素化によりATが当たり前になりましたが、教習所ではエンジンブレーキの重要性を教わったにも関わらず、どうしてもフットブレーキでの減速に頼る人がいるようです。

 最近のATは非常に進化しており、アクセル操作によってエンジンブレーキをかけることも可能になってきましたし、そもそも『MTモード』は加速というより、上手にエンジンブレーキを活用して走行するための装備です。

 そういった装備を使用せず、『D』レンジに入れっぱなしで走っている人がいかに多いかを思い知らされます」

 SNSで話題となった、エンジンブレーキが「ウザい」「迷惑運転では?」と感じる人の多くが、前走車がいきなり近づいてきた印象を受けているようです。

 ただし「十分な車間距離を取ればいいだけ」や「(前走車を含めた)前方不注意では?」という反論もあります。

「意図的に強力なエンジンブレーキをかけるなどの嫌がらせ行為は『安全運転義務違反』など危険運転に該当する可能性もありますが、通常の原則を目的とした場合は、逆に後続車が『車間距離不保持違反』で摘発される可能性もあります。

 要は前走車がどんな動きをするか予測し、対応するのに十分な車間距離が必要ということです」(教習所の元指導員 I氏)

【画像】「えっ…!」これが今「新車で買えるMT車」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

6件のコメント

  1. MTでの悪意あるエンブレはともかく、それ以外でどうこういっているのは、単に車間距離つめすぎの超ド下手くそのウマシカじゃないのかな。
    坂やトンネルの渋滞でも、そういう超ド下手くそのウマシカの<ブレーキ>が原因だが、ウマシカは速度を徐々におとしている車が原因で渋滞が起きていると思っている(徐々におとすのも下手と言えば下手だが、それでおきるのはすこし遅い車の流れであって渋滞ではない。車間距離つめすぎのあげく前もろくに見ずに運転しているから危険になってから超ド下手くそがブレーキ踏むから渋滞になる)
    前もまともに見ない、車間距離をきちんととれない(とらない)。そういう自己中ドライバ―ほどまわりを批判する…。前の車が、道交法まもっていることにイラつくタイプ。

  2. 今では当たり前のことですが、エンジンブレーキ中は、今どきのクルマなら燃料カットされてる(燃料供給ゼロ)はずなので、回転数が上がっても、燃費が悪くなる理由は見当たらない。取材相手、記者、編集者の皆さんは、クルマ関係者ではないんだろうか?

    • ま、取材したテイでの記事内容だろうな。

    • 今どきのクルマならってことは、燃料がカットされないヴィンテージのMT車に乗ってるのだろう(笑)

  3. 逆にATのフットブレーキ多用がウザイですね。そう人に限って車間距離が不適切。直前の車しか見ていないから前方の数台先の車の動きに対応できない。パカパカとブレーキを踏んでいるのは交通の流れの全体を見ていない下手くそですね。
    ATに乗り換えてそろそろ1年。完全に乗りこなしています。軽貨物だとMTには無いけどもATにはあるオーバードライブで燃費は良いですね。エンジンブレーキでは燃費計は徐々に上がって最大でリッター50キロ表示になります。もう少しきつめではオーバードライブOFF(3速)、急な下りでは2速まで下げます。それ以上必要な時はエアコンをON。コンプレッサーを作動させると強烈に掛かります。
    高速の長い下りはO/D-OFFかA/C-ONですね。

  4. 81歳と高齢になったので<出来るだけ自分が運転するのを避けるようにしています>
    理由は<感覚的に反射神経が落ちているように思うので!!>。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー